--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/30どんわんチャリティーサイン会レポ

2005年11月03日 18:11

11/2放送kmニュースよりキャプ
051102-1.jpg


先日のどんわんのサイン会について、韓国ぺんさんのレポを読んで記事にさせていただいたら、
実際にサイン会に参加された方から、詳細なレポをいただきました。*その時の記事はコチラ
どんわんが裏に引っ込んでから、席に戻ってぺんに自らメッセージを伝えた
まさにその場面に、どんわんの近くにいらっしゃったそうで。
臨場感溢れるレポに感動して、私が無理を言ってブログで公開させてもらえるようにお願いしたところ、
快く了解していただきました。
日本にいるだけでは決してわからない、どんわんの様子、サイン会の様子、そして神話創造ちゃんの可愛らしさについて
たっぷりレポしていただいてますので、どんわんぺんのみなさんには楽しめるものだと思います。

レポしていただいたKさんに改めて感謝をして、Kさんのレポを載せさせていただきます。
私はたった今、本当にたった今ソウルから戻ってきました。
そしてまさにこのサイン会の場にいました。
以後、少し長くなるかも知れませんが、お許しください。

サイン会の場所はイベントスペースとかではなく、普通に売り場の中に忽然とある状態で(汗)、ぺんが群がってるわサイン会に興味がないお客さんは通路として通りたいわで、結構めちゃくちゃだったんです。それプラス、どんわん以外の出演者のサインの列もあって。(どんわん専用?のサインの列は、まさにどんわんが引っ込んだ裏にある非常階段にひっそりありました)
サイン会は10人一区切りで、裏口からどんわんの前に進むかたちで流れていたんですが、私たちの列が今からどんわんの前に行くって時に、どんわんがいきなり逆流してきたんです。ちょうど20人終わったところでした。
最初は突然どんわんが現れてびっくりしたし、嬉しかったのですが(私はトイレか何かつまみに来たのかと思いました)、どんわんの顔が険しくて、何か違うぞ、と。マネージャーのひょんになだめられても×ってかんじで・・・。激昂してるとかそんなのではなく、ただ静かに怒ってました。
ぺんが並んでいる非常階段の横にエレベーターが2基あって、そのひとつをどんわんの控え室用にしていたらしく、すぐにその中に入ってしまったので、それ以上のことは見えなかったのですが。マネはすぐに出てきたのに、どんわんは出てこなくて。ユニセフの担当者らしき人とマネが裏と表を行ったり来たりしていました。私のまわりの創造ちゃんたちも何が起きているか分かっていないみたいでした。
しかも、主催者がどんわんがいないのに、列を進めようとするんですよ。どんわん専用の列なのに!すごく強引でした。でも列の先頭だった創造ちゃんが、おっぱがいないから行きません!(このぐらいの韓国語ならなんとなく理解できました)と断固拒否して、何とかどんわんが戻ってくるまで待っていられました。
その中断が5~10分ぐらいあって、やっとどんわんが出てきました。
それで私たちの列もどんわんの前に流れたのですが、そのときにどんわんがマイクでしゃべりだしたんです。
私にはさ~~っぱり理解できませんでしたが、マネでもなく、イベント担当者でもなく、どんわんが自らしゃべるってことは、相当腹に据えかねることがあったに違いないということだけは十分すぎるほど伝わりました。「さじん」「フラッシュ」といった単語のみ聞き取れて、なんとなーく写真が嫌で裏に引っ込んだのかな~と思っていました。

そのあとすぐサイン会が続行されたのですが、人間そんなに簡単には機嫌は直りません(号泣)一応、握手のあとににこっと笑っていたのですが、横で見ていても明らかに目が笑っていない!口元だけで作る笑顔。私の何人か前のぺんちゃんは一生懸命話かけてましたが、心ここにあらずなかんじでした。
私は再開後7人目だったのですが、やっぱりまだ無理やりの作り笑顔で。本当に凹みました。どんわんの笑顔は目じりのしわが命でしょ!と常々思っているぺんとしては・・・。いつもの笑顔に慣れているので、余計にギャップが激しくて。
実はどんわんが怒った理由がぺんにあるんじゃないかって今の今まで思っていたので、相当落ち込んでいたのです。ryoさんのブログに来たおかげで本当の理由が分かり、すっきりしました。ありがとうございます。
本当によかった~。ぺんに怒ったんじゃなくて。いくらなんでもぺんの撮影ぐらい慣れっこですよね。忙しすぎてナーバスになっているのかなとか心配してたんです。それにユニセフのチャリティイベントの一環として出ているのに、趣旨を理解しないで野次馬根性で見に来て自分にだけきゃーきゃー言うぺんも募金なんて二の次で自分のサインが欲しいだけのぺんにも引いているのかなとも思っていたので。どんわんそういうこと(チャリティとか)真面目に取り組みそうですし。
でもどんわんだって、一目でもいいから自分の姿が見たいと思ってるぺんがいっぱいいることぐらい百も承知のはずなのに、とか悶々と考えてました。

サイン会の最後の方はいつもの笑顔も戻っていたし、パク・ソニョンさんが挨拶したときにも茶々入れたりして、機嫌直ってました。(だから私的には余計に切ない(涙))
確かに取材陣はどんわん側に集中して、(スペース的にも他は無理だったのですが)ひどい状況でした。ぺんの列も取材陣にもみくちゃにされながら移動しましたし。私はこういうイベント初めてだったので、韓国の取材はすごいって噂は本当なんだなーとか冷静に見てたんですけど。

あんな精神状態で、ベルトコンベア式に次々ペンがなだれ込む状況でもどんわんはひとりひとり名前を聞いて名前入り(当たり前なのかもしれませんが)のサインをしてくれました。握手した後ちゃんと目を合わせてくれました。(これも当たり前かもしれないのですが)
それに、今回はちゃんじょちゃんたちのかわいらしさに改めてノックアウトされました。
韓国ではいつも無料のイベントとかサイン会とかあってシナメンに簡単に会える気がしてうらやましく思っていたけど、ちゃんじょちゃんたちは、おっぱに会うためにものすごい情熱とエネルギーを費やしているってことがよくわかりました。メンバーのサインだったら誰のでも欲しい!から、とりあえず来ました~、みたいな軽いノリではなく、本当に心の底から少しでも近くでおっぱに会いたい!と思っている様子がすごく伝わりました。(じゃないと、あの寒さで徹夜は無理ですが。)実際、生粋のどんわんぺんちゃんは半分ぐらいだったような気がします(私の前後限定です)。ほとんどがどんわんぺんだと思っていたのでびっくりでした。へそぺんちゃんもじにぺんちゃんも、どんわんおっぱに会いたいです!ってすごく嬉しそうで、かわいかったです。あと、私のすぐうしろに、うどんまんせーなちゃんじょちゃんが4人ぐらいで並んでて、本物の「インスタントうどん」にぺたぺたうどんのシールを貼って、どんわんへのメッセージを書き込んでいました。それもすっごくかわいかったです。それと、握手したときにどんわんの手の甲にぽっぽしたちゃんじょちゃんがいました。どんわんも思わず吹き出してました。後で歳を聞いたら、15歳だっていってました。中学生。。。うらやましかったです。若くなきゃできないっす。

並んでいるときにちゃんじょちゃんたちと話している中で、すごく印象的だったのは、全員が どんわんぺんじゃなかったのに、「おっぱは優しいから、握手も必ずしてくれると思 います」とか、、「どんわん=やさしい」って共通認識がちゃんじょの間にもあっ たってことです。 いつも近くにいるちゃんじょちゃんたちが、どんわんが親切でやさしいとか言ってい るのを聞くだけで、 なんだかすごーーーーーーく嬉しかったです。どんわん、みんなに愛されててよかった。



いかがですか?私はこのレポを、すごくドキドキしながら読み進めました。どんわんの緊張、関係者の緊張、その場にいらっしゃった方の緊張が痛いほど伝わってきました。
レポしていただいた方もおっしゃっていたのですが、どんわんの満点スマイルが見れなかったのは、本当に残念な事だけど、どんわんの嘘をつけない純粋な部分を垣間見れたと思うと、貴重な事だったのかもしれませんね。

最後にもう1度、私なんかにレポして下さったKさんに感謝します。
Kさん、本当にありがとうございました。



コメント

  1. tomo | URL | 3DpfYUu6

    Kさん、帰国早々に素敵な書き込みをしてくださり、貴重なレポありがとうございました。また、この文章を載せてくださるために何度もやり取りをしてくださった、りょうさん、ありがとうございます。韓国のチャンジョちゃん達に負けないぐらい私は日本のシナペンが大好きです!

    それにしても、どんわんって知れば知るほど惚れてしまいますね(^^♪

  2. かうる | URL | -

    レポ読ませていただきました。
    とても詳細で、ちゃんじょちゃんたちの様子や
    会場の雰囲気が 手に取るようにわかりました。
    Kさんの ペンとしての お気持ちも 痛いほど
    わかります。
    おっしゃるとおり、どんわんの 純粋な面・・・ますます素敵です。
    なんだか まだ どきどきしてます。
    貴重なレポありがとうございました。

  3. りょう | URL | nmxoCd6A

    tomoさん>>
    私は何も大したことしてないですよー(^^ゞ
    全てレポをして下さった方に感謝です(*^_^*)

    >韓国のチャンジョちゃん達に負けないぐらい私は日本のシナペンが大好きです!

    tomoさんのこの言葉を聞いて、はっっとしました。
    私も韓国ぺんさんに負けないくらい日本のしなぺんが好きです~!
    今まで、心のどこかで「日本ぺんなんて・・・どうせ・・・」
    みたいな感じを持ってたんですよね。
    もっと自信を持てるようになれればいいなぁと思えました。
    暖かいお言葉ありがとうございました(^ー^)ノ

    かうるさん>>
    とっても緊張感溢れる素敵なレポですよね。
    私も読みながらドキドキしてしょうがなかったです。
    どんわんの純粋な所、本当に素敵ですよね。大好きです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/110-c2707104
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。