--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

42話

2005年11月04日 22:04

今日のばとるしな、どうなったんでしょう??
今度こそ6人揃ったのかな?じには謹慎するだろうと思ってたら、
しっかり出てたみたいでゞ( ̄∇ ̄;)
ま、いっか(笑)

42話。
眠れない夜を明かしたジョンウ。
20051104195958.jpg

と、今本編見直しながら記事書こうとしたら、一箇所キャプ撮り忘れたシーンがあった事が判明(^^ゞ
ま、いっか(笑)

先にこちらの問題から。
ミンジュを呼び出したドジン父。ひとりで行こうとしたミンジュですが、ドジンとハルモニたちに偶然会ってしまい、結局みんな揃ってドジン父の元へ行く事に。
20051104200023.jpg
ドジン父、完全に孤立してます。

ハルモニもドジン母も完全にミンジュの味方です。
20051104200033.jpg
ミンジュはもう大丈夫そうですね(^O^)


さて、メインストーリー。
行方不明になったジョンウを心配する家族たち。ソヨンがかけた電話を、ジョンウが泊まっている民宿のアジュンマがとってくれて、ようやくジョンウの居場所がわかります。
20051104200044.jpg
ジョンウを迎えに行くあぼじとソヨン。

やっとジョンウを見つける事ができました。
20051104200055.jpg


あぼじが差し伸べた手を拒否するジョンウ。
20051104200109.jpg
『どうして来たんです、父さん・・・、いえお兄さん。なんて呼びましょうか?父さん?お兄さん?父さんが兄さんなんだ・・・。何て呼べばいいんですか?何て・・・っ!?』
『許してくれ』と言うあぼじに、ジョンウは『やめてください。もう遅いんです・・・僕が家族をどんなに愛してたかわかりますか?いい息子・・・いい甥としてできる努力は全てしてきたんです。』と頑なに父を拒否する。
20051104200123.jpg
この後、ジョンウはあぼじに更に語りたおすんですが、はっきりした内容は理解できませんでした。どんわんが過去最強に熱演してたのに理解できなくて、かなり悔しい。キャプもうまくとれないし、今回はもうお手上げです( ̄◇ ̄;)。私の理解力とキャプ、もう限界いっぱいいっぱいです(T0T)


走り去ろうとするジョンウを必死で止めるソヨン。
20051104200137.jpg

20051104200150.jpg
3人とも、もう泣く事しかできないって感じですね・・・(T0T)


民宿に戻った3人。あぼじがいくら話しかけても無反応なジョンウ。
20051104200204.jpg



今度は、静かにジョンウを説得しようとするソヨン。
20051104200221.jpg
『家族の方がジョンウさんを愛してないと本当にそう思う?私はジョンウさんから愛を受ける事よりも、先に愛を与える幸せを教えてもらったの。ジョンウさんがこんなに愛してる家族だから、許す事できるでしょう?』
『私、今悲しいの。あぼじが破産した時、ジョンウさんと話したり、ジョンウさんの笑顔を見ただけで辛い事我慢できたの。でも、今私はジョンウさんにとって何でもない存在でしょ・・・私はジョンウさんに何もしてあげられないでしょ。』
20051104200237.jpg
『ソヨンさん、僕・・・』と、ここで初めてソヨンに語りかけようとしたジョンウに、ソヨンは『帰りましょう。ここにいても何も解決しないわ』と。


ジョンウの顔に、優しく薬を塗ってあげるあぼじ。
20051104200254.jpg


ジョンウはたまらずあぼじに寄りかかり・・・
20051104200311.jpg
『あぼじ・・・』と。


帰りの車の中。気が抜けたように眠るジョンウ。
20051104200324.jpg



ジョンウの帰りを待つ二人の母。
20051104200337.jpg



車の中からひっそりとジョンウを待っていたヘソンの前に、ジョンウが帰ってくる。
20051104200350.jpg
とっさに隠れるヘソン。


『気をつけてね』と、帰るソヨンを気づかうジョンウ。20051104200407.jpg
自分を気遣ってくれるジョンウを、ソヨンはどう感じたんでしょうか?私なら、安心するのと同時に、無理しているんじゃないかと心配にもなるかもしれません。


ジョンウを影から見つめるヘソン。
20051104200430.jpg
『無事に帰ってきてくれてありがとう・・・』と。


戻ってきたジョンウを抱きしめるおんま。
20051104200444.jpg
ジョンウは、『(心配かけて)ごめんなさい・・・』そして一瞬ためらいながら『おんま・・・』と。
『おんま』と実際に口に出したら、もっと切なくなってしまうんでしょうね・・・(T0T)


ジョンウが戻ってきて一安心な家族。
20051104200507.jpg
ジョンウがいない間に、ククス工場に新たに契約が取れた事などを嬉しそうに話す叔父さんたち。

すると、ジョンウは『僕、ククス工場、やめたいんです。』と・・・
20051104200522.jpg
衝撃を受ける家族。


43話に続く。
20051104200538.jpg
こんなのジョンウじゃないよーっ><

最後の表情は、これが本当にあの笑顔満点だったジョンウと同一人物なのか、信じられないくらいの表情でしたね。
ジョンウはどうやって両親とヘソンを許していくのでしょうか。
早く笑顔を取り戻してもらいたいですね・・・。



コメント

  1. いずみ | URL | -

    上手く言えないんですが、

    りょうちゃんの記事読んでいって、
    涙が出てきたよ。
    こんな事初めてで動揺してます。
    ジョンウ渾身の演技の魅力のひとかけら、ちゃんと伝わってますよ。
    どんわん、いいドラマに出会えて本当によかったね。

  2. ななゆう@会社 | URL | V19xxO8I

    おっとけー 泣

    おはようございます。
    会社で泣いております。
    最近、ちゃんとあんにょんを見ていないのですが、
    ココでしっかり復習中。
    なんだか朝から切なくなっちゃって大変です。
    ああ、マスカラが溶ける 苦笑
    この先、どうなっていくのでしょう。
    かなり動揺中。

  3. みょんは | URL | ofxKis3k

    ナド ウロボリョッソ (>_<)

    つながりにくいですね...あんにょん☆喜ぶべきかな☆
    カクカクの動画見て、りょうさんのブログ見て、今日ようやく高画質で視聴!!
    3回ともウルウルしちゃいました...
    りょうさんのコメントが浮かんできてさらに涙なシーンもあり、
    本当に切なくてやりきれなくて疲れてしまったデス(苦笑)
    ヒョン達が思うよりずっと深く傷ついてますよね。
    みんな一生懸命生きてるのに、皆苦しんでるのは見てても辛い...
    早く笑顔が戻りますように。それを願わずにはいられません。
    ハン・ジョンウ!!ククス工場やめないで~!!

  4. りょう | URL | nmxoCd6A

    いずみちゃん>>
    いずみちゃんのコメント、すっごい嬉しかったよー。
    最近は特に、どんわんの熱演をうまくキャプれない自分が
    イヤになってきてたからさ(><)
    ちゃんと伝わってるって言ってもらえて、ほっとしました。
    ありがとねー!v(≧∇≦)v

    ななゆうさん>>
    お仕事中なのに、大丈夫でしたかー?ゞ( ̄∇ ̄;)
    朝から切なくなってもらって、申し訳ないやら嬉しいやら
    複雑な気分です(^^ゞ(笑)
    ホント、この先どうなるんでしょうね・・・
    早く笑顔を取り戻してもらいたいけど、無理して笑うのは見たくないです。

    みょんはさん>>
    うちは今日は全くつながらなかったですよ(T0T)
    やっぱりみんな見てるって事なんですかね?
    確かに、続きが気になってリアルタイムで見たい!って思う気持ちは
    充分すぎるほどわかりますがゞ( ̄∇ ̄;)

    そうそう、ジョンウの家族はジョンウの境遇について
    少し楽観的に考えすぎてきたんじゃないかな?って思います。
    もっとジョンウの身になって考えてあげてよー(><)!

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. りょう | URL | nmxoCd6A

    鍵コメして下さったPさん>>
    初めまして♪コメントありがとうございます(^ー^)ノ
    えりぺんさんにコメントしてもらうなんてビックリしてます(^^ゞ
    どんわんの演技、ホントに凄いです。
    特にここ最近は、キャプしながらどんわんの頑張りを
    こんな形でしか表現できない葛藤を感じてたんで、
    嬉しいお言葉をいただいて、感激してます(T0T)
    ありがとうございました!

    是非また遊びにきてくださいね~。
    よろしくお願いします♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/111-5ab4d4dd
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。