--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

43話

2005年11月10日 00:19

ジョンウに笑顔は戻ってくるのでしょうかー?

ジョンウがククス工場をやめると言い出したところからですね。
20051109171525.jpg

『僕が決められる問題かどうかはわかりませんが、僕はハン・ジョンウとして生きたいんです。これ以上、カン社長の助けを受けたくないんです。』と言うジョンウ。
20051109171539.jpg


『カン社長を誤解している、あなたのおんまは・・・』と言いかけるおんまに、『あの方は僕のお母さんではありません。』と言い切るジョンウ。
ソンミも『ヘソンお姉さんは、あなたを捨てたんじゃない。パク・イロに利用されて、私達の元を去るしかなかった』ジョンウを説得しようとするが、ジョンウは聞こうとしない。
20051109171555.jpg
『私はあなたのおんまが好きだった。好きだったから憎かった。でもあなたはそれじゃいけない。』と更に話を続けるソンミに、ジョンウは『やめてって言ってるじゃないか。僕に他のおんまはいない。僕のおんまはここにいるじゃないか!』と、たまらず立ち上がり、『僕はカン社長をおんまだと認めない。絶対に認められないんだ』と席をはずす。

それを聞いていた弟に、『俺はお前の兄さんじゃなく叔父さんなんだ』と本当の事を打ち明けるジョンウ。
20051109171610.jpg
そして、『俺を産んだ人が俺を捨てたから、兄さんだったあぼじが息子として引き取ったんだと。こんな事認めないでいよう。認められるはずがない・・・』と自分に言い聞かせるように弟に話す。


次の朝、話をしようとジョンウの部屋に来たあぼじ。
他でもない、兄弟の為に始めたククス工場を簡単に諦めてはいけないと言うあぼじに、ジョンウは『もう何の意味もないです。これ以上やりたくありません。』と。
20051109171630.jpg
『このククス工場は、うちの家族の希望じゃないか。』と言うあぼじ。それでもジョンウは、カン社長の助けを借りてやるのはイヤだと拒否する。
あぼじが『カン社長はうちの家族じゃないか。家族が家族の手助けをするのは当然だろう。』と言うと、ジョンウは『僕はカン社長を家族だとは思っていません。』と頑なに拒否する。


街を彷徨うジョンウ。
ソヨンから『今日は(昨日とは)明らかに違う日でしょう?私はジョンウさんを信じてる。元気出してね』というメールが届く。
20051109171650.jpg


そして、以前ソヨンと来た、ソウルを一望できる場所へ。
20051109171719.jpg


ソンミから、ジョンウがククス工場をやめようとしている事を聞いたヘソン。
20051109171738.jpg
必死に涙を堪えてメイクをする。ジョンウに会いに行く為に。。。

そして、ジョンウへ電話をするヘソン。
20051109171755.jpg
ジョンウは電話に出ない。


ヘソンは再度電話をかける。
今度は電話に出るジョンウ。
20051109171830.jpg
会おうと言うヘソンに、『イヤです。会う理由がありません』と断るジョンウ。『どうして私を避けるの?私にはお前を避ける理由はないのに。1時間後に会おう』と一方的に電話を切るヘソン。

電話を切った後、どうるか考え込むジョンウ。
20051109171850.jpg
結局へソンの元へ向かうことに。


約束の場所にやってきたジョンウ。
20051109171906.jpg
お互いが本当の親子である事をはっきりわかっていると認識してから初めて顔を合わせる二人。


『会おうと言った理由は何ですか』とそっけなく話し始めるジョンウ。
『ククス工場をやめるそうね?』と言うヘソンに、『はい、やめます。カン社長と関係のある事は全てイヤです。』と答えるジョンウ。
ヘソンが『成功して(お金を)返すと言った約束を守りなさい』と言うと、ジョンウは『何のための成功ですか』と。
20051109171926.jpg
とにかく工場へ戻れと言うヘソンに対し、『どうして僕が社長の言う事を聞かなくちゃいけないんですか。』と言い放つ。

約束を守れと言われ、『守れないと言ったら?』と言ったジョンウを切なくじっと見つめるヘソン。
ジョンウはそんなヘソンに『どうしてそんな目で見るんですか?僕に何を期待しているんですか?』と。
20051109171946.jpg
するとヘソンは『お前こそ私に何を期待しているの?私に許しを請うて欲しいの?・・・』と。
ジョンウは『とんでもありません。僕は絶対にハン・ソンジンにはなりたくありません。』と。
『それがいい。その為に成功しなさい。』とあくまでも仕事上の関係として割り切って、ククス工場へ戻るように言い、席を立つヘソン。


ジョンウの前では何とか堪えていた涙が、ジョンウと別れた瞬間に溢れ出す。
20051109172005.jpg



ジョンウはソヨンのカフェへ。
20051109172021.jpg
やっぱりジョンウはソヨンに癒してもらうしかないのかなぁ・・・( ̄◇ ̄;)


ソヨンがジョンウにどうしたいのか聞くと、ジョンウは『僕はあぼじとおんまの息子でいたい。ジョンフンの兄貴でいたい。できるならそうしたいんだ。』と。
『だったらそうして。私もそう思う事にするから。』と言うソヨン。(どの口がそんな事言ってんだぁー?!( ̄□ ̄;)!!)
20051109172035.jpg
『僕は誰かを憎んだ事はない。でも憎いんだ・・・』と言うジョンウ。
『カン社長を好きだったから、そんなに憎いのね』と言うソヨンに、『カン社長の話はしないで』とジョンウ。
ソヨンはそんなジョンウの手をそっと握る。

『これからどうすればいいのかわからない。ククス工場には戻りたくないんだ。』と言うジョンウの耳の傍に時計を持っていくソヨン。
20051109172100.jpg
『今、この瞬間にも時計は動いてるでしょう。時間を信じましょう。また昔のジョンウさんに戻ってくれればいいな。私、以前のジョンウさんが恋しい。』と言うソヨン。
ジョンウは、『昨日はありがとう。僕にとってソヨンさんは何でもない存在だって言ったよね?それは違うよ。今、僕の目の前にソヨンさんがいて、どれほどよかったか。ソヨンさんが言うように、僕も以前の自分に戻りたい。』と。『待ってるわ』と言うソヨン。


そこへドジンがやってくる。ミンジュとドジンが結婚する事を知り祝福するジョンウ。
と、ドジンが『二人はいつ(結婚)するの?』と。
20051109172138.jpg
『そうね・・・ミンジュからブーケ受け取って・・・いつかね』と言うソヨン。
苦笑いするしかないジョンウ。

ずっと重いシーンばっかり続いてると、こういうシーンがひとつあるだけで気が楽になるんですよね(^-^)


ヨジンに呼び出されたジョンウ。
20051109172155.jpg
ヨジンも何とかジョンウが工場に戻ってくるように説得する。
『ジョンウが作ったククスを韓国中の人に食べてもらうって気持ちはどこにいったの?ここで諦めちゃだめ。』そして、ジョンウが抜けて味が変わってしまい、初めて契約してくれたしゃぶしゃぶ店がもう注文してくれなくなった事を話すヨジン。
『もう1度やり直そう』と言うヨジンにも、『ごめんなさい。もうできないんです。いや、やりたくないんです。』と心を開かないジョンウ。


ヨジンと別れた後、ジョンウは『ククスの墓』へ。
20051109172215.jpg
ソヨンと一緒に、最高のククスを作ると誓った事を思い出すジョンウ。


そしてジョンウは工場へ。
20051109172237.jpg
自分がいなくて悪戦苦闘するあぼじとソンミンの姿を、影から見つめるジョンウ。
ソンミンと目が合い、ジョンウは思わずその場から逃げる。

ソンミンもジョンウを説得しようとするが、頑なに心を開こうとしないジョンウ。
それだけでなく自分に悪態をつくジョンウを、ソンミンは我慢できずに殴る。
兄貴と弟として1度やり合おうと言うソンミンに、『叔父さんを兄さんだと認める事なんてできない。これまで叔父さんと甥として生きてきたのに、今更・・・』と頑ななジョンウ。
20051109172258.jpg
『そうだな、すまなかった・・・うちのジョンウなら大丈夫だと思ってたが・・・もうお前の好きにすればいい。でも、兄さんと俺は諦めないからな』と言い、ソンミンは行ってしまう。


布団の中で、自分を工場へ戻そうと説得するヨジン、ソンミンの言葉が頭を駆け巡るジョンウ。
20051109172324.jpg



同じ時へソンも眠れずにいた。
『ジョンウや、ククス工場を諦めてはダメ。私を憎む気持ちを力にして・・・お願いよ、ジョンウ・・・』
20051109172340.jpg


そしてジョンウは何かを決心したようです。
20051109172401.jpg



朝起きると、ジョンウがいない事を心配したあぼじとソンミン。
工場へ行ってみると、そこには作業服を着てククスを作っているジョンウが。
20051109172420.jpg
みんなひと安心でしょうか。

ジョンウが戻り、活気に溢れる工場。
20051109172442.jpg



スーパー(デパート?)でのプロモーションの日。
すぐ傍ではイロ食品も同じようにプロモーションを。気にするヨジンを気づかうジョンウ。
20051109172500.jpg
お互いの健闘を祈り握手をするジョンウとドジン。

それを知ったヨジン父。
20051109172517.jpg
おとなしくしてるわけないよね・・・( ̄◇ ̄;)


評判も上々のハンシネククス。
しかし、そこへスーパーの担当者がやってきて、今すぐに撤収するように言われるジョンウたち。
20051109172536.jpg


ヨジンの不安が的中したのでしょうか・・・
20051109172554.jpg


とりあえず、ジョンウがククス工場に戻ってくれてよかった。
でも、ジョンウとヘソンの関係が今のままでは、本当の意味での解決にはなりませんよね。
まだジョンウの表情もイマイチ堅いですし。
ジョンウの、本当の笑顔が戻る日を待ってます(^ー^)ノ


おまけ。
どんわんお兄さんがえらくエロい顔していらっしゃった瞬間がありまして( ̄◇ ̄;)
自分でキャプっといて、凝視できません(笑)
普通のサイズで載せるのを躊躇われる表情のどんわんなので、小さく(^^ゞ

20051109172619.jpg
覚悟のできた方はクリック(笑)

どうですかー?エロくないですかー?(爆)
寝る前に見ちゃいけません。眠れなくなりますから( ̄□ ̄;)!!(笑)




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/115-58fd8075
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。