--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

54話・part2

2005年12月23日 19:10

54話は2回に分けてアップしたので、まだpart1を見ていただいてない方は、
すぐ下の記事『54話part1』から先に見てもらえると嬉しいです(*^▽^*)


家に帰ったソヨンも母に『産んでくれてありがとう』と。
20051222193357.jpg



家に帰り、ヘソンと話してきた事を両親に報告するジョンウ。
20051222193417.jpg
おんまあぼじも一安心ですね(⌒ー⌒)




ベッドでおんまと話していたソヨンにジョンウから電話がかかってくる。
20051222193504.jpg
わざと寝ていたかのように電話に出るソヨン。


『僕が今どれほど幸せか、ソヨンさんに話したくて。全部ソヨンさんのおかげだよ、ありがとう。』と言うジョンウに、ソヨンは『ありがとうじゃなくって、もっと大切な言葉があると思うんだけど・・・?』と言う。(『さらんへよ』って言ってもらいたいんですね、ソヨンは)
20051222193534.jpg
『もっと大事な言葉・・・?何だろう、それ?』ととぼけるジョンウ。
私も気になってたんですが、ジョンウってソヨンにちゃんとプロポーズだってしてないし、愛してるとかも言った事ないですよね?そりゃだめだよ、ジョンウくーん( ̄ー+ ̄)。

そこへお邪魔虫が(笑)
『ジョンフンが来たから言えないんだけど。』と言うジョンウ。
(ジョンウだって何を言わなきゃいけないかわかってるんじゃないかーっ( ̄◇ ̄;(笑))
20051222193604.jpg
ジョンウから携帯を奪って、『ぬなー、ひょんが愛してるって伝えてってー』と言うジョンフン。
『私もよって伝えてね』と言い返すソヨン。

ジョンフン、気持ちはよーくわかるよ(笑)
20051223181329.jpg
ジョンウのにやけ顔、何とかしてもらえないですかね?(ーー;)
ま、婚約したてだから許してやるか(笑)


次の日、出社したヘソン。イ部長に『寒いから風邪ひかないように気をつけて』と声をかける。
20051222193636.jpg
ヘソンと長く一緒に仕事をしているけど、そんな気遣いを受けた事がないイ部長、びっくり(笑)
『どこか具合でも悪いんですか?』と(笑)


ソヨンから電話がかかてってくる。
『ジョンウの心を開かせてくれたのはあなたよ。』とソヨンに感謝するヘソン。
『私は何もしてませんよ。ジョンウさんは最初からお母さんを愛してたんです・・・』と言うソヨン。
20051222193652.jpg
『ありがとう、ソヨン。私にこんな幸せな日がくるなんて想像もしてなかったのよ。』と言うヘソンに、ソヨンは『また電話しますね・・・お義母さま・・・』と。


ソンミは、ムン社長のククス専門店は、ヘソンが関わってた事を伝える。
改めて自分の事を想うヘソンの母親としての想いを実感するジョンウ。
そこへムン社長がやってくる。ククスを仕入れにきたと言う口実でソンミに会いにきたのかな。
20051222193723.jpg
『わざわざ来ていただかなくても僕が配達したのに』と、気の利かないジョンウ。まだまだだねえ(笑)

ソンミを無理やり車に乗せるムン社長。お互い素直じゃないんだよねえ、この2人。
20051222193820.jpg
ヘソンの健康診断の為に迎えに言ったソンミ。
ムン社長の車から降りてきたソンミを見て、にんまり( ̄ー+ ̄)なヘソン(笑)
ヘソンはさすがに息子とは違って、すぐにピンときたんですねえ(笑)


ソンギュを呼び出し、自分とソンミの仲を取り持ってほしい、みたいに頼むムン社長。
『ソンミはやめておいたほうがいい。ムン社長を思って言ってるんですよ。』と、わざとソンミを悪く言って何とかあきらめさせようとすぐソンギュ。
20051223183538.jpg
ソンギュはどうしてもソンミを渡したくないんですね。
ソンミをいくつだと思ってるんだ・・・(* ̄m ̄)(笑)


健康診断の後、ククス工場に戻り、みんなでパンでお食事。
まだまだぎこちないヘソンとジョンウ。それを見て複雑なソノク。
そんな微妙な空気をソノクが和ませてくれました。
20051222193839.jpg



ムン社長と話してきたソンギュはソンミを叱る( ̄▽ ̄;)
『違うのよ、あの人がひとりで勝手に盛り上がってる・・・』(笑)みたいに弁解するソンミ。
20051222193915.jpg
ソンギュ以外の家族は、なるようになる・・・ってくらいに思ってるようです。
ジョンウとソンミンは面白がってるし(笑)
和みますね、こういうシーンは(⌒ー⌒)。


帰り際、なかなかジョンウと離れがたい様子のヘソン。
そんな2人を見るソノクは複雑な心境みたいで。
20051222193943.jpg
ジョンウは自分と離れがたいヘソンの気持ちも、それを複雑に見つめるソノクの気持ちも両方とも理解してるんですよね。


ソノクはあぼじに、ジョンウが結婚する前に少しの間でもヘソンと一緒に暮らした方がいいのではないかと相談する。
20051222194005.jpg
あぼじは『機会を見てジョンウに話してみよう』と言う。


家に戻ったヘソン。
あまりにも幸せで、この幸せが夢ではないかと自分の手をつねってみる。
20051222194020.jpg
ジョンウと気持ちが通じ合ってからのヘソンはなんだか凄く可愛いですよね。恋したばかりの少女みたい(笑)


そこにジョンウから電話が。今の自分の幸せをかみしめるヘソン。
20051222194036.jpg
『おんまが失った時間は、僕が必ず取り戻しますね。』と言うジョンウ。
ジョンウは『おんまが嫌でなければ、たまにおんまの家に泊まりに行ってもいいですか?』と聞くが、ヘソンが遠慮してしまう。
ずっと暮らしてると誰かが一緒にいるのが煩わしかったりするのよ、みたいに言ってごまかそうとするヘソンに『仕方ないですよ。昔から子供は両親にとって煩わしい存在だったりするものなんです。』と言うジョンウ。
おやすみなさい、と電話を切る2人。

2人が親子に戻れて本当によかったです。
気になるのはヘソンの体調ですよね・・・。


それにしても54話は本当に疲れました。
力使い果たした気分なので、年内に続きのあんにょん作業できるか不安です(苦笑)
もしかしたら続きは年明けになっちゃうかも・・・?
と、既に弱気な私ですゞ( ̄∇ ̄;)




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/158-045e9f32
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。