--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

55話

2005年12月29日 02:03

あんにょん58話見る暇がないー(>_<)
明後日から帰省なのに。それまでに見る時間・・・たぶんないなあ。
もやもやしたまま年越すなんてイヤだな(ーー;)

とりあえず55話。

イ部長に、ジョンウの部屋の準備をする為に色々と頼むヘソン。
イ部長も嬉しそうです。
ジョンウからのメールに幸せをかみしめるヘソン。
20051228155903.jpg
ソンミがやってきて、保険契約の為に受けた健康診断で、再検査を受けなければならないと言う。


ソヨンおんまはジョンウに電話。ジョンウの両親とヘソンを招待する時に用意する料理の相談です。
ジョンウは、『一緒に市場へ買い物に行きましょう』と。
20051228155919.jpg
『うちのハンソバン・・・』なんて言って、すっかりジョンウにメロメロの様子(笑)


大きな病院でCT検査を受けるように医者に言われるヘソン。
20051228155937.jpg


ソヨンから、一緒に食事しましょうと電話がかかってくる。
20051228160016.jpg
婚約式の写真をヘソンに持ってきたソヨン。

ヘソンのデスクに自分達の写真を置き、『私たちがいつでも見守ってると思ってくださいね』と言うソヨンに、ヘソンは『一度お前を抱きしめてもいい?』と。
20051228160030.jpg
ソヨンは『私が抱きしめてあげます』と。
こんな嫁姑関係、最高ですね~(⌒ー⌒)


ハンシネククスはますます繁盛してるようです。
20051228160046.jpg
ジョンウも、3人のお母さんとソヨンを大事にしつつ、仕事も順調で相当忙しいですね~。


ソヨンの仕事が終わる頃にメールをするジョンウ。『そろそろ退勤の時間だよね?運転気をつけて。』と。
忙しくてあんまり会えない中、こういうちょっとしたフォローが大事なんだよねえ、うんうん。
20051228160439.jpg
『忙しいのはわかってるから、私の事まで気にしなくてもいいのよ。クリスマスイブに少し時間を作ってくれたら、それで満足だからね。』とソヨンからの返事に、ジョンウは『いくら忙しくても、ソヨンさんは僕にとって1番大事な人だよ。仕事頑張って、クリスマスイブは一緒に過ごそう。ソヨンさんと、家族の人たちと』と返事する。
そのメールをおんまに見せてにっこりな2人。


ムン社長に呼び出されるソンミ。ソンギュは警戒してる様子(笑)
20051228160458.jpg
ムン社長がソンミにバラの花をプレゼントするんだけど、バケツごとなんですよね(笑)
花束じゃなく、花屋さんに売ってるのをそのまま持ってきたんでしょうね。
素朴でムン社長っぽくていいですね(⌒ー⌒)


言葉を話さないイロに、昔話で語りかける妻。それに反応して、初めて自分が妻に告白した言葉を話したイロ。
20051228160517.jpg



退院の日。家に帰るより先にまずイロが向かったのはヘソンの事務所。
20051228160540.jpg
どうして自分へ復讐するのを諦めたのか・・・みたいに言うイロ。表には出さないけど、イロの気持ちが変化してきてるのはヘソンにはわかるようです。2人とも依然いがみ合ってた頃からは心境ががらっと変わってるんですよね。


次にハンシネククスの工場へ向かうイロ。
20051228160557.jpg
驚きを隠せないジョンウたち。

イロはソンジェと2人で話す。イロ食品のククス部門?を引き受けてくれと頼む。
そうでもしないと自分の気がすまないんでしょうね。戸惑うソンジェ。
20051228160615.jpg
ずっと思ってたんだけど、ソンジェはイロの事を『ひょんにむ』って呼んでるんですよね。
昔一緒に働いてた頃は、気の知れた仲間だったんだろうなあ。敵対関係になっても『ひょん』と変わらず呼び続けるのが、複雑だけど何かいいな~と思ってました。


家に帰ったイロは、家族にイロククスをソンジェたちに譲るつもりだと話す。
20051228160634.jpg
イロの変化に家族はみんなほっとした様子。ヨジンも父を助ける為に会社へ戻ることに。


ソンジェはイロと話してきた事をヘソンに相談する。
ヘソンは兄弟で話し合って決めればいい、と。
20051228160657.jpg
そして2人は亡くなったソンジェたちの父親に対して、今やっと面目が立つようになった気分だと話す。
『あなた達が誇らしい。亡くなった社長(ソンジェの父親)もきっとそう思ってるわ』と言うヘソンに、ソンジェは『全てお姉さん(ソンジェはヘソンを「ぬにむ(ぬな+にむ)と呼んでます)のおかげです。これからはずっと、僕達と一緒にやっていきましょう。』と言う。


ソンギュも呼び、家でイロの提案について話し合う家族。
20051228160716.jpg
ソンギュとソンミは受けようと言うが、ソンミンとジョンウは納得できない様子。
それは自分達の力ではないから・・・と。ソンジェも同じ気持ちのよう。
イロの提案は断り、自分達の力で頑張っていくと結論をつけた家族。


ソンギュにムン社長の事を聞くソンミ。どうしてもダメかな?みたいな感じ。
20051228160730.jpg
気になってたんですけど、ソンミってバツイチなんでしょうか?娘がいる・・・ってのもいつかちらっと出てきたんですが。
この場面でも、ソンギュが『お前が再婚するなら・・・』とか言ってたし。ソンミの娘はどうやら「ナヨン」って名前みたいですが、再婚したら娘を引き取って一緒に暮らしたほうがいいのに、相手がムン社長だったら、ナヨンの祖父母はどう思うか?みたいな事言ってました。

ソンミは『でも、あの人、私がすごく好きみたい。私が好きなら私のナヨンの事だって好きになってくれるんじゃないかな?』と。
ソンギュは『お前がいいならどうしようもないが、よく考えろ。俺はお前の幸せを本当に祈ってる』と言う。


ジョンウの部屋を準備するヘソン。そこへジョンウから電話が。
忙しくてなかなか会いにいけないことを謝るジョンウ。
そして、家族でイロの提案について話し合った事を話す。自分達の力でやっていきたい、みたいに言うジョンウに、ヘソンは『そう言うと思ってた』と。
20051228160747.jpg
ジョンウは『時間があれば、うちにも来て下さい。僕はいつだっておんまに会いたいんです。』と。幸せなヘソン。


ジョンウはいつも表に出せない感情をぶつけていたサンドバックを打つ。
これまでサンドバックを打ってた時とは全く違った様子のジョンウ。
20051228160804.jpg
清々しい感じ?


イロを訪ね、ククス工場を引き受けられないと話すソンジェ。
20051228160827.jpg
でもイロはどうしてもソンジェたちにククス工場を譲りたいよう。
譲るというか、返したいんでしょうね。


ヘスクが唐辛子を持って工場にやってくる。実家から送ってもらったから・・・と。
20051228160855.jpg
ヘスクのわだかまりもだんだんとけていってるようですね。


再検査の結果を聞きに行くヘソン。
20051228160912.jpg
どうして普通に幸せなまま最終回に向かわせてくれないんだろ・・・(>_<)


56話もキャプはできてるんですが、今日はもう寝ます。
上にも書いたけど、帰省するんで年内にアップできるかは微妙。
ていうか、だんだん自分のやってる事に疑問を感じてきたりもして(ーー;)
なんで私、こんな事してるんだろー?みたいなね。今更なんだー?って感じですが(苦笑)

あんにょんもラストスパートで、少し早めの「燃え尽き症候群」ってやつになってるのかも?( ̄◇ ̄;








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/161-816b49e5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。