--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『宮』ざっと紹介

2006年03月23日 22:00

話題になるだけのことはあります。MBCドラマ『宮』
photo_l_08.jpg
公式サイトはコチラ
もし韓国がイギリスや日本のように立憲君主国だったら??
という仮定の元に描かれた、大人気漫画が原作のドラマだそうです。



主役のチェギョンを演じてるのは、ユン・ウネちゃん。
img_3_5_0.jpg
原作のファンからイメージと違うって相当叩かれたらしいけど、
成功して本当によかったねー。
実は私、うねちゃん嫌いでした( ̄◇ ̄;
しなが出たX-MANでのイメージがねえ・・・。
でもドラマ見始めた瞬間に「かわいい!」って思えました。
それくらいチェギョンは本当にかわいいです(⌒ー⌒)

チェギョンと仕方なく結婚しちゃう皇太子シンを演じるのは
モデル出身の新人俳優チュ・ジフンくん。
gung_p19.jpg
しんぐん、カッコいいわ~。
彼からは高貴が香りがぷんぷんします(笑)
皇太子役にぴったりですね。よくこんな子探してきたもんだ。
冷たい顔が、ホントに背筋がぞくっとするほど怖いんですよね。
「カリスマ性」のある俳優さんだと思います。
このドラマ中にも演技力がどんどんあがってるかと。
昨日放送の21話での涙のシーン、最高でした。


皇位継承第2位王子ユルは元UNのキム・ジョンフンくん。
img_46_811_1.jpg
本当ならユルが皇太子になるはずの地位にいる人なんですよね。
ユルのお父さんは皇太子だったんだけど、交通事故で亡くなってしまいました。
で、ユル父の弟が皇太子になったんですね。それが今の皇帝(シンの父)。
常に優しく微笑んでるのかと思いきや、チェギョンの隣にいるシンを見つめて
『その席は俺のものだ・・・』ってつぶやいたりする、影の部分を持った人物です。
ここ何話かのゆるぐんは、もうずっと切ない悲しい顔しかしてません。
ドラマ序盤の柔らかい優しい微笑よ、かむばーっく!!(笑)

しかし、自分がフニに引っかかるとは・・・。
今まで『UNのちっちゃい方』なんて呼んでてごめんなさい( ̄□ ̄;)(笑)
『ちっちゃい』って言っても、実際はへそんと同じくらいの身長なんだそうで。
UNのデカイ方がデカすぎるんだな・・・(爆)

私は、ドラマで好きなキャラができると、どんわんがその役をしたら・・・って妄想する(笑)癖があるんですが、どんわんのゆるぐんは全く想像できませんでした( ̄д ̄;)
まあ、高校生役だしねえ・・・って諦めようと思ったんだけど、ちょっと調べてみたらフニって80年1月生まれだそうで。
って事は、私と同い年やーん( ̄□ ̄;)!!絶対年下だと思ってた・・・。
って事は、どんわんとも同い年って事・・・。コレ、ものすごい衝撃の真実でした(笑)

フニについて語りすぎか・・・?( ̄▽ ̄;)(笑)


しんぐんの初恋の相手ヒョリンは、ソン・ジヒョさんって女優さん。
img_28_7528_4.jpg
大人っぽい子だなーって思ってたら、彼女も実は25歳なんだそうで。
大人っぽいはずだよ(笑)。でも、ヒョリンの雰囲気によく合ってますね。

いつもチェギョンとシンを優しく見守ってくれる皇太后役はキム・ヘジャそんせんにむ。
gung_p38.jpg
さすがの存在感ですね。
キム・ヘジャさんが画面に出てきた瞬間、キム・ヘジャワールドに引き込まれます(笑)
演技なんだか素なんだかわからない天然っぷりが素敵です。


チェギョンの家族。父親は我らが(笑)ジョンウアボジ@『悲しみよ、さよなら』のカン・ナムギル氏。
チェギョン両親もナイスキャラですね~。
img_28_7528_13.jpg
そして、チェギョンの弟を演じてるキム・ソクくん。彼は私が今かなり夢中で見てる『ソウル1945』で
リュ・スヨンの子供時代を演じていて、とってもイイ演技してるんですよ~。
ふたつのドラマでほぼ同時に彼を見たけど、全く違うキャラを演じてます。将来きっといい俳優さんになるんじゃないかな(⌒ー⌒)


こちらはシンの家族。ロイヤルファミリーですな。
gung_p39.jpg
皇帝である父親は、当時皇太子だった兄と一緒に事故にあって、自分だけ助かった事を今でもひきずってる様子。しかも、兄嫁であるファヨン(ユル母)とは昔恋人同士だったのです。複雑だな・・・。
シン母は皇后として夫を影で支える理想の妻って感じですね。自分の夫とファヨンの関係を知ってるのかな?夫に愛された事がないと思ってるんですよね。皇后様も切ない人なんですよね・・・(>_<)
シン姉はイ・ユンジちゃん。彼女はどうしてもじにやえんでぃと共演してたノンスト4のイメージが強いです。彼女の役どころって、何かひっかかるものがあるんですが・・・。原作にはないキャラクターだそうですね。どうしてわざわざ彼女のキャラをドラマに登場させたのかな?何か意図があるのかな?


そして、ユル母ファヨンはシム・ヘジンさん。
photo_255_1_1_no_75_3.jpg
皇太子妃の地位につくために、恋人だったシン父(弟)を捨てて、
皇位継承権の高い兄を選んだ、野心家です。
結局夫は交通事故で亡くなってしまい、息子を連れて宮を追い出される形になったんですね。
そして今、自分の息子を皇帝にしようと必死になってるんですね。
名誉に目がくらんで恋人を捨ててしまったけど、自分の愛をつらぬいていたら、もしかしたら欲しかった名誉も手に入ってたかもしれないなんて皮肉ですよね・・・。
皇帝の座ばっかりを見て、自分の息子が見えなくなってしまってる感じがします。ユルをちゃんと見てあげて欲しいよ・・・(>_<)


あと、このドラマの見所はなんと言っても豪華な衣装、装飾品、美術品ですよね。
言葉がわからなくても、見てるだけで充分楽しめるほど画面が華やかです。
韓服ももちろん素敵なんですけど、衣装ではやはり、シンの皇太子ファッションに注目でしょう( ̄ー+ ̄)
王子にしか許されない服で、突っ込みどころありすぎていちいち突っ込んでいられません(笑)
今じゃ、むしろ普通の服着てたら突っ込みたいくらいです(笑)
チェギョンの服も可愛いですよねー。伝統的な服と現代の服を合わせたような衣装が多いです。
アクセサリーもかわいいし、毎回楽しみです。

そうそう、宮中で出てくるお茶と、お茶うけのお菓子やケーキも毎回楽しみなんですよ。
カップもキレイなのばっかりだし。ホント、見所がいっぱいあるドラマです。


ちょっと語りすぎたかなゞ( ̄∇ ̄;)
そろそろ22話がはじまるんで、この辺で・・・(笑)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/249-387711dd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。