--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『宮』第8話

2006年03月31日 01:02

結局最終回はバッファの連続でリアルは断念(>_<)。
その後のスペシャルは何とか見ました。
フニは急性腸炎で緊急入院したらしく、スペシャルの収録には参加できなかったそうですが、
フニ、参加しなくてよかったよ( ̄◇ ̄;(笑)
出てても惨めな思いしてただけかもー( ̄▽ ̄;)
ゆるぐん贔屓な私は、ちょっと消化不良なのでした。

明日、ゆっくり本編を見て、ゆるぐんの最後を見届けます。
ゆるぐんが凹んだまま終わってたらどうしよう・・・。
それが今の所の心配事です(ーー;)

最終回で大盛り上がりな時に、空気の読めない人かのように8話キャプいきます(^-^;

コレはお茶じゃないですよー( ̄▽ ̄;)
シンとチェギョンの部屋に置いてある、何ていうのかな、コレ?
とにかく、キレイな癒しグッズです(笑)
チェギョンの実家から帰ってきた2人。
『あの夜、ちっとも寝れなかったんだろ?正直、俺もそうだったよ。』
と言い出すしんぐん(≧∀≦)
『だ、だから・・・可愛くても可愛くなくても、女の子が側に寝てたら、なんか・・・ドキドキするっていうか・・・』
どきまぎするしんぐんがかわいいね~。
チェギョンに背中を出し、もう一回抱きついてみろと言うシン。
20060329005932.jpg
なんだってこんな事させようとするんだろ?好きならともかく・・。あ、好きなのかー!?(笑)
王子の考えてる事はよくわからん( ̄▽ ̄;)
クォン内官アジョシに何度も邪魔されて、この時はチェギョン、しんぐんの背中オアズケでした(笑)

チェギョンの実家で暖かい家族に触れたシンは、急にオンマが恋しくなったんでしょうね。
お母様ではなく、オンマが。
思い切って皇后様に『オンマ』って言うんだけど、『皇帝になる方がなんて事を言い出すんですかっ!』と怒られちゃう。可哀相・・・。
20060329010000.jpg
そして、アルフレッドを抱いて昔の事を思い出すシン。
ユルが宮からいなくなって、急に皇太子になった、まだ幼いシンに、皇后様は『あなたはこれから皇太子になるのよ。これからはオンマって呼んじゃだめ。「お母様」よ。わかった?』そして、『あなたは皇帝になる特別な方です』という皇后様の言葉が繰り返しシンの頭を巡ります。

元気のないシンを心配するチェギョン。皇后様のモノマネとかしてシンを笑わせるんですね。
シンもチェギョンのおかげで癒されたみたい。チェギョンの存在が大きくなってるんだよね。
チェギョンを見る目がこんなに優しくなってるんだもんねー(⌒ー⌒)
20060329010015.jpg


ヒョリンの事はできるだけスルーしたいんですけど(ーー;)
ユル母からイギリスのカミラ夫人の話を聞いたヒョリンは、自分もカミラみたいに・・・って思うようになってるんですね。で、乗馬クラブにチェギョンとユルを誘います。ユルに『あなたが欲しいものはわかってる。シンは皇太子をやめたら楽になるわ。だからシンを助けてあげるのよ』とそそのかす。
でも、こんな小娘(爆)の言う事をほいほい聞くユルではありません。
『話はわかったよ。でもシンは自分から皇太子の席を明け渡す事はしないんだけどな。また今度はなそう』と。
20060329010027.jpg
うーん。自分からやめさせるんじゃなく、引きずりおろすって意味なのかな?怖いよぅ、ゆるぐん(>_<)

クラブで話しかけてきたヒョリンに、シンは冷たく接します。
偉いぞ、しんぐん(≧∀≦)。

一方ゆるぐんは、チェギョンに『シンに何も期待しない方がいいよ。たまに優しいかもしれないけど、シンが本当に好きなのはヒョリンだろ。絶対にお前には振り向かないよ。』と言います。
なんてストレートなんだ、ゆるぐん・・・。子供っぽいっちゃー子供っぽい( ̄◇ ̄;

宮で乗馬をするシンとユル。接触しちゃって2人同時に落馬してしまいました。
そこで駆けつけた宮の人たち、みんながシンの元へ駆け寄ります。
これは・・・皇太子殿下だからしょうがないとは言え、ゆるぐんが可哀相だよね・・・。
20060329010044.jpg
チェギョンはひとりぼっちのユルの方へ駆け寄りました。
そりゃそうだ、いくらしんぐんが好きでも、ここはゆるぐんに行くのが普通だよね。
自分じゃなくてユルの方へ行ったチェギョンを見て、シンは寂しそうです。
大勢の人が周りにいても、たったひとりがいないと意味がないって事だよね。まだまだその事にはシンは気づいてないけど・・・

例の書庫の前で本を読むユルとチェギョン。イチョウがキレイです。
20060329010056.jpg
ゆるぐんの金髪にもよく似合ってる(*^▽^*)

自分じゃなくユルの心配をするチェギョンを見て、寂しいシン。
現像室でヒョリンの写真を現像してます。うーん、まだ好きなのかな・・・(>_<)
そこへ入ってきたチェギョンに『出て行け!!』と怒鳴ります。
ユルとの事を怒ってるってのもあるんだよね?
どうしてそんなにイラ立つのか、ちょっと考えてみなよー、しんぐん。

体調の悪い陛下の代わりに、シンがひとりでタイへの公式訪問に行く事になりました。
チェギョンはお留守番です。
皇太后様は、ユルに行かせたらどうか?みたいに言ってましたね。
それをシンは聞いてましたね。
やっぱり自分よりユルの方が皇太子としてふさわしいのかも・・・とか思ってるのかな??


コメント

  1. ちーぼー | URL | y17cy2QY

    終りましたね~。
    私「宮」パボなので5時過ぎからMBCを4,5局繋げてましたよ。
    案の定マカオでシン君が登場したぐらいから2局ほど切れました(笑)
    最終回を見ての感想はryoさんがアップされてからにしますね( ̄ー+)

    えーと、私が見始めたのはユル君の髪の毛も黒くなってからなので↑この辺の
    爽やかさんは知りませんよ。う~ん、笑顔の裏のブラックユル君ですねい。

  2. りょう | URL | nmxoCd6A

    ちーぼーさん>>
    リアルでご覧になられたんですねー。よかったですね^^
    私は本編は見れたもんじゃなかったです( ̄▽ ̄;)
    さっき最終回も見てきましたよ~

    ゆるぐんは髪の色とともに、どんどんブラックになっていくんですよね(>_<)
    物凄く優しい笑顔を持ってるだけに、ブラックな顔が余計に怖いです。
    爽やかなゆるぐんを、もっと楽しみたかったです(>_<)

  3. りん | URL | no8j9Kzg

    6話の空気を読めない・・ってな伏線がここでも出てきましたね。
    凹んでるしんぐんに今度ばかりは役目を果たさなくては!!としんぐんの周りをちょろちょろしてるチェギョンが可愛くてたまりませんでした^^

    落馬シーンは見てて辛かったですね・・。
    なにもあんなあからさまにしなくても・・・と思いました。
    その後のゆるぐんとチェギョンが会話してる時のチェギョンが何気なくゆるぐんを触るシーンがちょっと可愛いなぁと思ったり・・。
    「ウェグレ~?」といいながらゆるぐんをカリカリってするんです~^^

  4. りょう | URL | nmxoCd6A

    りんさん>>
    毎回丁寧にコメントしていただいて、ありがとうございます~^^
    落馬シーンは、ゆるぐんが可哀相でした。
    皇太子じゃなかったらどうでもいいのかー!って(>_<)
    「うぇぐれー」でカリカリですかー?
    うーん。思い出せない・・・
    すぐ見直してきますっ!(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/262-15a7a5ef
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。