--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STATE OF THE ART Special Edition

2006年08月23日 00:26

sh8se.jpg

DVD一通り見ました~。
結構見ごたえありました。これ、字幕つけて売るつもりないのかな?good JAPAN・・・( ̄ー+ ̄)

レコーディングの様子とか、凄く興味深かったです~。
当たり前だけど、6人それぞれのスタイルがあるんですね。
どんわんは、人に言われる前に、自分からダメ出ししちゃうタイプなのかも。
しなとしては自信持ってるけど、自分個人としては100%自信持てないようなところがあるのかな~?って
このレコーディング風景見てて思いました。
それが悪い事だとは、私は思いませんけど。どう感じるかは人それぞれですよね^^

で、歌う時に上の方見ながら一生懸命歌うどんわんがかわいくて~(≧∀≦)!
照明が当たるせいなんだろうけど、瞳がキラキラしちゃってるんですよ。
このキラキラした瞳が大好きなんだよぅーっ(〃▽〃)。

しかし、レコーディングってホントにバラバラでやるもんなんですねえ。
バラバラすぎて、メンバーの仲良しっぷりがあんまり見れなくて、その部分に関しては消化不良(ーー;)(笑)
レコーディングの時は、当然みんな私服なんでしょうけど、私服で1番好みだったのはへそん。
帽子はワンパターンだけどね( ̄▽ ̄;)

ジャケ写撮影は和みました~。予告通りどんわんがイジられてたし(* ̄m ̄)
でも、どんわんのポーズをみんながからかってたけど、あそこまで笑い者にしなくたっていいやんー。
どんわんがちょっと哀れに感じました(笑)
てか、あのポーズの写真、私、携帯の待ち受けにしてるんですが、なにか?
かっこいいやんねー。どんわんの代わりにスネてやる(笑)

えりっくがどんわんのシャツを破ったところは、写真では見てたけど
実際テレビサイズで動いてる映像で見ると、生々しくて参りました( ̄◇ ̄;


『Midnight Girl』のへそんバージョン、いいですねえ~。
これ聞いてるとうっとりしすぎて、意識飛びそうになります(笑)
あついスープ夜明けのベンチで飲んでる場合じゃないですよ?(爆)

当分はこれ聞きながら眠りにつくことにしよーっと♪





コメント

  1. くり | URL | -

    はじめまして!!!

    りょうさん、はじめまして!
    シナ初心者のくりといいます~。
    『Young Gunz』でシナが気になり、7集の『Brand New』でどっぷりハマりました(笑)。
    もちろんココに来たということは、ドンワンが大好きですっ!
    7集の『Liar』で、ドンワンの声にウットリしちゃいましたO(≧∇≦)O!
    まだまだ知らないことも多いので、ちょくちょくオジャマしたいと思います~。
    よろしくお願いしま~すっ!

  2. kei | URL | bWYSVujs

    早く見た~い!

    SE、まだ手元にないんですv-409韓国の帰ってるチングが買ってきてくれるというので頼んじゃったため…。
    どんわん、公式のレコーディング風景で見たけど、上の方向いて手ぎゅっと握って歌ってましたね。
    あの映像はちょっと胸に来ました。
    ものすごい頑張って頑張って録音してるんだなと。
    自分に自信がない…秘密ノートにも「ヘソンのように歌がうまくなりたい」と書いてあるみたいですね。
    あんなにウマイのに。私はヘソンと負けず劣らずウマイと思いますよ。
    どんわんの一生懸命な姿を見たら、涙でちゃいそっ。

  3. りょう | URL | nmxoCd6A

    くりさん>>
    初めまして♪コメントありがとうございます^^
    せっかく初コメントしていただいたのに、留守していてすいませんでした。
    どんわん大好きの方に来ていただいて嬉しいです(⌒ー⌒)
    大したところではありませんが、また遊びにいらして下さいね♪
    こちらこそよろしくお願いします~。

    keiさん>>
    SE、そろそろ手に入りましたかー?
    そうなんです、一生懸命レコーディングする姿は胸にくるんですよ。
    もう、きゅーんとしちゃいました(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/411-fd48e8de
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。