--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神話2006 JAPAN TOUR DVD

2007年03月15日 23:50

DVD見ました!
昨日はなんだかんだと文句言ってしまいましたが、やっぱいいですね~!しなは。
コンサ本編の前に、来日映像からリハ、バックステージの様子も少しずつ入ってて嬉しかったです。
そうそう、こういうのが見たかったんだよぅ(≧∀≦)!

しかし、衝撃だったなあ~。

まさか、へそんのヒゲを堂々と見れる日がやってくるなんて思ってもなかったですよ( ̄◇ ̄;(笑)
fancamならともかく、公のカメラの前にヒゲ面で出るのやめてよ、へそんさん(笑)

コンサ本編はノーカットじゃなかったのが残念。へそんみん見たかったのにー。
権利の問題とかで収録できなかったのかなあ・・・。
あと、ment部分がカットされてましたよね?ああいうのも、もれなく見たいのになあ。
私的には、どんわんがTearsの失敗を取り戻すべく喋り出した時の、

どんわん「いまちょっとじかんある?」
へそん「あるけどー?」

という、わんしょんナンパシチュエーション(大違)をキレイな映像で見たかったのだっ!(笑)


問題の(笑)Tearsは、散々話も聞いてfancamとかでも確認してたはずなのに、実際にテレビの画面で見てみたら、危うく胸きゅん死しかけましたよ(≧∀≦)
どんわんは失敗して悔しいと思うんだけど・・・ごめん。かわいいもんはかわいい(爆)
声裏返った後、自信なくしてどんどん声が小さくなっていくどんわんを見て、ますます愛情深まりました(笑)

じにの「さらんいおじあなよ」は、大阪コンサで見た直後はサビしか頭に残ってなくて、あんまりわかってなかったんだけど、改めて聞いてみたら、日本コンサ後デビューまでの間に、じにがいかに努力して歌い込んで準備したのかがよくわかりました。デビュー後と武道館の時と、歌の上手さが全然違うんだもん。じにの頑張りを改めて実感しました。

あと、私は意外と「Sun Flower」のステージが好きなんですよね。
ちゃんじょちゃん達相手のおっぱ顔とは違う、同年代の女性に優しく接するしなめんがツボ。ほら、ぽわーんと妄想に走りやすい状況じゃないですか(爆)

韓国版でもよかったかな・・・とは思うけど(しつこい)、買ってよかったと思えるDVDでした。それなりに満足(何様・笑)。

しなってやっぱりいい。大好きです(〃▽〃)。



コメント

  1. tomoka | URL | sSHoJftA

    りょうさん、こんにちは。
    私も散々文句を言ってました・・・。
    なので、コンサ本番前の来日映像等を見た時は、叫びました(笑)
    ですが、その後ちゃんと見てないので・・・ment部分カットされちゃってるんですか?
    ファンにとっては重要なment部分・・・。
    日本の某歌手の方がコンサのment部分だけのDVD
    発売しているそうです。
    シナも今までのコンサのment部分集めたものと、秘蔵映像のDVD発売しないかなぁ・・。
    それとか、「LIVE AT 大阪城ホール」なんて(笑)

    ドンワンのTears・・・ドンちゃんには悪いですが、本当にかわいいですよね!! あそこで大体の人がみんな思ったことだと(笑)

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. りょう | URL | nmxoCd6A

    tomokaさん>>
    コンサ前の映像、嬉しかったですよねー^^
    ment部分、全部じゃないけどカットされてますねえ。
    ment部分だけのDVDって面白そうですねー。見てみたい♪
    大阪城コンサの映像、私もDVDにしてほしいんですよ~
    あの時はどんわん風邪で調子悪かったから、映像化するのは可哀相な気もしますが(^-^;
    でも、どんわんをフォローするへそんをもう一度みたいんです!(爆)

    鍵コメSさん>>
    あのわんしょんment部分、かわいかったですよね~!
    って、私はfancamでしか見てないんですか・・・(^-^;
    ホント、編集した奴でてこーい!ですよ(笑)
    ひげ面のへそんさん、早く見れるといいですね~(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/567-03964b69
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。