--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHIN HYE SUNG FirstTour in JAPAN 大阪・名古屋part1

2007年09月01日 01:34

TheBeginning,NewDays... SHIN HYE SUNG FirstTour in JAPAN
私は大阪・名古屋に参加してきました。

2日間の記憶をまとめて思い出していきたいと思います。
『The Beginning』
これからコンサが始まるっていう緊張感を上手く盛り上げてくれる曲と映像でテンションあがりました。

「これからを共にするみなさんに、僕の初めてのコンサートを贈ります。」

だっけ?そんな感じの文章が出てた気が。ニクイ事言うなーって思ったんだ(笑)


『Island』
舞台奥のたかーい所から歌ってました。私は今回2公演とも高い場所から見てたんで、最初へそんの顔が舞台上に隠れて見えないの(^-^;
早くおりてこーい!って思いながら見てた(笑)
この曲大好きなんで、最初に歌ってくれて嬉しかったです。
そして、噂のぴんくへそんを見れて感激しました(笑)

この曲の途中で降りてきたんだっけ?次の曲だったか忘れたけど、へそんがステージ中央まで来た時、名古屋では凄い歓声があがってました。
名古屋は最初から凄い盛り上がってましたよね。へそんがそれですごい嬉しそうでした。

『こうる』
大阪で初めて見た時、へそんが両手持ちした瞬間に「キタっ!!」と思った。
隣の友達を、思わず叩いちゃった覚えが。友達や、その節はみあん(笑)
両手持ち炸裂してましたよね。名古屋より大阪の方が炸裂してた気が。変な比較ですが(笑)
最初こそ、へそんが両手持ちする度に騒いでたんだけど、もう騒ぐのも面倒になるくらい、これでもかってくらい両手持ちしてた。
両手持ちの記憶がしつこくてすいません(笑)


-MC-
大阪では「まいど!へそんです」と。そして「おおさかはほんとにひさしぶりですね」と。
あなた、大阪に来るたびに毎回同じ事言ってますよね?(笑)

名古屋では味噌カツを食べたって言ってました。さすが元豚カツ屋の息子(爆)

最初のMCから韓国語連発でしたね。賛否両論だろうけど、私は用意された日本語を不自然に読むだけより思った事をストレートに表現できる韓国語で話してるのが自然でいいと思いました。何言ってるのかさっぱりわからないのはキツイんだけどねえ・・・。へそんは日本ぺんでも韓国語を理解してくれる人が多いって事をちゃんとわかってて、それに甘えてるんだよね、きっと(爆)


『FirstLove/ちょっさらん』
1番を日本語で、2番を韓国語で歌いました。いい考えだと思った。
どっちも聞けるなんてお得じゃないですか(笑)

スクリーンにはMVが流れてたんですが、MVの編集版って感じなのかな。まだ正式には公開されてない結末までばっちり流れてたんですが、大阪では思わずMVの方に見入っちゃって、可哀相で泣けちゃいました。
間奏に入るところでちょうどキスシーンが映って、ぺんのみなさまが悲鳴あげてるのが面白かったです(爆)


-MC-
「いまうたったのがセカンドアルバムタイトル曲の『ふぁすとぅらぶ』です」とご紹介。韓国語では「ちょっさらん」です、と。
名古屋では、「韓国語では??」と会場に聞く。「ちょっさらんー!!」のお返事。
そして『日本語では?」「First Loveー!!」とキレイに揃ったお返事に、へそんさんも満足げでした。
てか、日本語じゃなくて英語やんゞ( ̄∇ ̄;)と思ったのは私だけですかね?(笑)

名古屋では、「かっとぅんせんがきちょあよ?ちょっさらみちょあよ?」って言って、あはっ♪と笑いやがった(爆)
要するに「かっとぅんせんがくとちょっさらん、どっちが好き?」とぺんに困った質問をしたんですよ。で、あはっ♪と。
かわいくて、じたばたしちゃったんだから、もうー( ̄□ ̄;)!(笑)

そして、韓国語で2集が出るまで長く待たせた分失望させないように一生懸命準備しました、的な事を言ってました。

おもむろに「せい ほー!」とMさまみたいなことを言い出すへそん(笑)
東京でも言ってたそうで。なんか妙な空気でしたが(爆)
「せい ほー!せい ほっほー!」とか一通り煽った後、「せい どぅdhpwkl・・・(笑)」とへそん流ビートボックスを。それをやれって事らしい。びっくりしました(笑)
東京では裏声を出したんだけど、みんなへそんについてきたんで大阪ではついてこれないようにビートボックスを用意したのに、またついてこられましたね。みたいな事言ってました。
裏声、ビートボックスときて名古屋は何用意してくるんだろー?と思ったけど名古屋もビートボックスで。ネタは少なかったらしい(爆)


『Don't』
踊ってましたねー。わたし的にはこのダンスはちょっと微妙だったかな。理由はここには書かないけど(笑)
そうそう、ふぁいてぃんダンスみたいな振りもありましたよね。そこはかわいかった。


『ちゅんしむ』
これ、生で見れてよかったー!すっごい楽しかったし。いまだに頭の中でへそんが「っお!っお!っお!っお!」って言って指指してる(笑)
どこの部分かわかりますかね?わかった方はへそんぺん(笑)
「みすてりー♪みすてりー♪」を会場一体になって叫んだのが楽しかったなあ~。


-シンスンフン兄さんの動画/スンフン兄さんの曲-
舞台左上で歌い始めて、カーブになってる階段を下りてきてましたね。
そして、舞台右端にスタンバイしたへそんさん。
なにがはじまるのかなー??と思った瞬間、流れてきたのが

『人形』
イントロ流れてきて初めて気づいたんだけど、左端にはジフンちゃんがスタンバイしてたんですね。
ジフンちゃん、大阪では黒のジャケットがキツそうで(爆)、名古屋ではでかいおリボン付きの衣装でしたよ。気合入ってたらしい(笑)

このデュエットはやっぱり圧巻でした。しなめんじゃこうはいかないよなあ~なんて思ったり思わなかったり(爆)
じふんちゃんパートの時、へそんがおしりのポケットから汗拭きティッシュを取り出して、顔をぺたぺたと拭いた!!
だからどうだ??って話かもしれませんが、あの姿をこの目で見る事ができて嬉しかったんです(笑)
でも、本当に「ぺた・ぺた」と2回軽く顔に当てただけで、そんなんで流れる汗解消できるのか?と本気で疑問を感じました(笑)

2人でのMCは、まるで漫才のようでしたよ。まあ、仕込みなんだけどさ(爆)

名古屋ではこの後ジフンちゃんだけで「ぽごしぷた」を歌いました。へそんが疲れてたから時間稼ぎの為に歌ってくれたのかな?(^-^;
てか、ひとりで歌うなら「約束」聞きたかったなあ・・・。

とにかく!1曲(2曲)の為にわざわざ韓国から駆けつけてくれたじふんちゃんは、ホントにイイ人。というか、へそんとの友情が素晴らしいんだな~と思いました。
じふんちゃん、本当にありがとうございました!!


『うりがちょうむまんなんなる』
ええ。例の、なくてもいいのになあ~なコーナーです(爆)
お相手を選ぶ時の失礼な発言は、ネタだとわかっていながらも「なんてこと言うんだ、へそん・・・」と叱りたい気分に。たぶん、「へそんなら、もしかしたら本気で言ってそう・・・」ってイメージがあるからかもしれない(爆)

これは、大阪が断然面白かったです。
大阪で、ちょっと真剣に選んじゃったへそんさん。かわいらしい感じのお嬢さんをセレクトされました。
1番は座席に向かって、間奏でへそん自らお迎えにあがり2番はいすに座らせて歌ってたんですが、途中でマイクをはずしお嬢さんの耳元で、彼女だけに聴こえるように歌ったり。これには思わずのけぞったね(爆)
最後にネックレスを彼女にかけてあげるんですが、後ろからかけてあげたあと、彼女の髪の毛を持ち上げて整えてあげてた。これはねー、悲鳴あげましたよ?(爆)
髪の毛触るってやばいから!!超ツボですから!!!
へそんさん、なかなかやるな・・・・とため息が出ました(笑)

歌が終わり、彼女の歳を聞くとなんと16歳。
・・・・お兄さん、ショック(笑)
ああーあ、16歳相手に耳元で囁いたり、16歳の少女の髪の毛触ったりしちゃったー。いいのかなあ??(笑)
へそんも結構ダメージ受けてましたよね。でも、彼女が16歳って言った瞬間、嫉妬に駆られまくっていた会場の空気が和みましたよね。よかったよかった(笑)
わざとではないだろうけど、へそん、ナイスセレクトでした!(笑)
彼女を席へ帰らせた後も、「じゅうろくさい・・・」とつぶやきつづけてたへそんが面白かったです。


-お着替えタイム-
大体ね、あんな真黒で何にも見えないついたての中で着替えるんなら、最初から舞台袖に引っ込んで着替えればいいのにって思った人ー??(笑)
へそんなりの精一杯のサービスだったんでしょうかね?サービスなんだとしたら、次回はうっすらと影が見える程度のカーテンとかどうでしょう?(爆)

脱いだシャツをついたての外に投げ捨てたり、名古屋では生腕を見せて横から顔をちょこんと出してました。また白いんだ、腕が(爆)

「見たいでしょ??」「ねー!!」「はじまんっ!」って言ったのが可愛かったです。
で、ボタンの掛け違いは、あれはわざとでしょ?( ̄◇ ̄;
ボタンかけなおしに舞台袖に引っ込んでたけど、だったら最初から・・・(以下省略・笑)
名古屋ではなかなかでてこないへそんに会場から「しん・へそん!」コールが起こって、へそんが「あらっそあらっそー!」って言ってた。パンマルっていいよね・・・(〃▽〃)。

結局ボタンは段違いのまま。そういうデザインなのか、そういうコンセプトなのか、面倒なのか、韓国式なのか、もうなんでもいいけどね(爆)


『Honey』
この曲はもう「あうぅー」って呼ぶことに決めました(笑)
へそんオオカミが「あうぅー!」って叫んだ時の、芸術的とも言えるアヒル口が素晴らしかった(笑)
小芝居の、こなれた感じが憎かったですよ。かわいいじゃないかっ!(笑)
曲がはじまっても、「あうぅー!」をいつまでも引きずってしまったのでした。



あかん。レポの終わりが全く見えない(爆)
ががっと勢いで書き上げたいんですが、眠さ限界なんで今日はここまで。
続きはまた明日にでも。覚えてるうちに書いてしまいたいなあ。





コメント

  1. tomoka | URL | sSHoJftA

    りょうさん、こんにちは。
    レポありがとうございます。大阪は色々あってちょうど例の16歳の女の子をハグした瞬間でした(笑)
    後ろで「犯罪じゃ?(笑)」という声が聞こえた気がしたのは私の思い込みだけじゃはないと思います^^

    >でへそんが「っお!っお!っお!っお!」って言って指指してる(笑)
    どこでかわかった私はりっぱなヘソンペンですよね(笑)

    お着替えタイムのあのシャツ・・・一応・・・
    ソウルからずっと(生着替えの前から)ああでした(笑)でも模様はあっているようだし、韓国スタイルだそうです^^

    レポを見ると色々思い出したり、また見逃していたりする事もあったりで。
    韓国語のメント部分はわからなかったですが、無理に日本語で話すよりとてもよかったし。
    かっとぅせんがくが、日本語でなかったのが、とってもよかったです♪

  2. えみ | URL | WnwtnG7o

    相変わらず素晴らしいー。
    ちゃんと覚えてるねえ。私はへそんサンの顔しか
    思い出せないぜよ(爆)

    「First Love」、私も英語やんって思ったよ(笑)
    でもかわいかったので問題なし(爆)

    「あうぅー」っと呼ぶことにするって(笑)
    しかしあれは芸術的でしたね、ほんま。
    うん、何度でも見たいっす。もちろん(笑)

  3. りょう | URL | nmxoCd6A

    tomokaさん>>
    16歳の少女をハグした瞬間でしたか。それはまた凄いタイミングで(笑)
    私の周りでは「い○こ○」では・・・?って声さえありましたから(爆)
    「っお!×4」わかってもらえてよかったです~。
    ひとりぼっちだったらどうしようかと思ってたんで(笑)

    あのシャツは、ああいうシャツなんですよね。変なシャツ(爆)
    私も無理に日本語はなすより韓国語が自然でよかったと思いました。
    念願のかっとぅんせんがく韓国語ver.聞けて感激でした~。

    えみちゃん>>
    ぜよってあなた(笑)
    うちのレポで色々思い出してくれたら幸いですよ(笑)
    「FirstLove」どこからどう聞いても英語やんねー。
    「にほんごでは?」って聞かれたとき、一瞬考えちゃったし(笑)

    「あうぅー」はホントに芸術的でした。
    またいつかお目にかかりたいものですな(笑)


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/682-b9d97f19
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。