--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/09/18/パク・ジュンヒョンのFM人気歌謡/ラジオドラマ

2007年10月31日 23:18

後続曲活動が始まってからは、テレビよりラジオの方を楽しみに聞いてたりします。
どんわんの声聞いてるとほっとするっていうか・・・(〃▽〃)(痛)

今日は「パク・ジュンヒョンのFM人気歌謡」を取り上げてみます。

0101.jpg

この番組では、この数日前にも一緒にラジオ出てた(というか、彼女の番組だったけど)、Maybeeちゃんとラジオドラマをやってました。
Maybeeちゃんのラジオに出た時も思ったけど、この2人なかなかいい雰囲気でしたよ( ̄ー+ ̄)。
少女時代の若い子よりは、Maybeeちゃんの方が断然しっくりくるような気がするんですけど、どうでしょう?(余計なお世話)

この日のラジオドラマが結構面白かったです。
声だけの演技ってのが新鮮でした。



付き合ってしばらく経ったある恋人同士のお話です。
彼女(Maybee)が彼(どんわん)に別れ話をするところからドラマが始まります。
そこから話は遡り、どうして彼女が彼と別れようと思ったのかがわかってきます。

彼女は最近彼が冷たくなってきた事に不安を感じていました。
ある日も、彼から急に呼び出され一生懸命急いで彼の元へ行ったにも関わらず、彼は映画の時間に間に合わなかったと怒ってしまいました。
「もういいからご飯でも食べよう。何が食べたい?」と聞く彼。
「あなたの好きなものでいいよ。私は何でもいい。」と答える彼女。
「何でもいい」と言うのが彼女のお決まりの返事なのでした。
彼は彼女の「何でもいい」に、イライラしていたのです。

以前なら「よく食べる女の子が好きなんだ。」「ゆっくり食べるオマエを見てるのが好きなんだ。」と優しく言ってくれていたのに、今は別人のように冷たい彼。
以前は何があっても送ってくれていたのに、今は「疲れてるから1人で帰れ。怖いならタクシーでも拾って。」と送ってくれません。
いつから彼はこんな風になってしまったのだろう?と彼女が考えている間にも、彼はひとりでさっさと帰ってしまうのでした。
「どんわなー!家に着いたら電話するねー!」と叫ぶ彼女に、「もう寝るから電話しなくていいよ」と、一言冷たく言い残して。


彼が冷たくなった事を友達に相談した彼女は、友達から彼が最近他の女の子と会っている事を知らされます。
本当の事を聞くために、彼女は彼を呼び出しました。


シラフでは話せそうにないと、普段は飲めないビールを飲んで話し始める彼女。
「やー、キムドンワン!正直に答えて。あなた、他に女ができたの?」震えながら話す彼女。
「友達が言ってた。あなたが最近他の女と会ってるって。
 私は信じなかったんだけど、あなたの態度を見てたら、本当の事みたいだね。
 いつから?いつからなのよっ!?」

「なんなんだ。オレが何だって言うんだよっ!
 オマエがしたいってものは何でもしてやっただろ?
 なんだよ?家まで送らなかったから?あれはオレが疲れてたからだよ。」

「前なら、疲れてたって必ず家まで送ってくれてたでしょ!」
「なんだよ!?疲れてるならひとりで帰るって先に言ったのはオマエだろ!」
「それはそうだけど・・・。
 でも、あなた、最近は私とあんまり会ってくれないし、約束しても来てくれなかったり・・・」

「おい、オレは確かに言っただろ?行けないかもしれないって。
 それでも、もしかしたらって勝手に待ってたのはオマエだっただろ?
 
 ・・・・はあ。まったく・・・、忙しいってのに呼び出しといて、話す事がこれかよ。」



「・・・私達、最近いつもこうじゃない。
 あなたはいつもムカついてるばっかりで。
 私達・・・好きだったでしょ?なのにいつからこうなったの?」

泣いている彼女の涙を拭こうと白い折りたたんだ(←想像)ハンカチを差し出す彼(!)

更に泣く彼女。
「おい、勘違いするなよ。
 オレがいつも言ってただろ?お前が考えるオレと本当のオレは違うって。
 いい加減にしろよ。もううんざりだ!!」

「なに?うんざり??
 やっと本音が出たね。
 あなたこそ私の何を知ってるの?あなたが知ってる私って何?」

「いつもそうだった。私のほうが好きで、あなたの顔色ばっかり見てあなたに合わせて。」

「オレは、頼むからそれはやめろって言ったよな?
 オマエはオマエで、オレはオレで、そうやって俺達はうまくやっていけるんだって、何回も言っただろ!?
 なのにオマエはいつもオレの話も聞かないで好きなようにして・・・」

「だから、だからもうやめる。もうあなたに寄りかかるのはやめるから!」
「なんだよそれ。別れようってことか?」
「ええ。別れましょう。」
「・・・・オマエ、本心なのか?後から後悔しないか?
 わかった。勝手にしろよ。別れたいなら別れよう。」
 

「どんわな・・・、最後に聞きたいことがあるの。
 私の事、少しでも好きだった?」

「・・・そんなの言わなきゃいけないことか?もういいよ。
 今更そんな事言ったってどうしようもない。」

「あともうひとつ。最近会ってる女って誰なの?!」
「オマエは最後までまったく・・・。知らなくてもいいよ。」

泣き続ける彼女を置いて、彼は行ってしまいました。


彼は考えていました。
いつも、何でも自分に合わせてくれる彼女。最初はそれも嬉しかったけれど、付き合っていくうちに、これではいけないんじゃないかという思いが強くなってきていました。
彼女が何がしたいのか何が好きなのか全くわからない。
人と人が出会えば、自分の中の何かが変わるかもしれないという感覚がある。でも、彼女との関係では、そういった感覚が全くない。
彼女とのこんな関係は、愛ではないのではないかとさえ思うようになっていました。
「愛は一方的な犠牲ではない」
彼は少し強引な作戦を取ることにしました。
自分がいなくても、彼女がひとりで楽しむ事を見つけられるように、ひとりでもきちんと自分の考えを持てるように。
そうすれば、将来のことや結婚の事もきちんと考えられると。
彼女が好きだからこそ、2人のこれからの為に彼女にわざと辛くあたっていたのです。


「そう言う事なら最初からちゃんと言ってよ。」
「言ってたら何の意味もないだろ?本当の事みたいにやらなきゃ。
 先に別れるって大声張り上げたのは誰だよ??
 もういいよ。それより何か飲もう。何がいい?」

「んー。何でもいいよ。あなたが好きな物。」
「ほらまた。。。。」
「あ。ごめん・・・だったら、私はティラテ(?)あなたは?」
「オレはアメリカン。」
「すいませーん。アメリカンとティラテください。
 あ、ティラテのミルクは牛乳じゃなく・・・・バニラパウダーは・・・
 あと、音楽変えてくださいよ。同じCD2回もかかってますよ?」

「なんだ、オマエって結構口うるさい女だったんだな?」




どうでしたかー?最後、ハッピーエンドで終わってほっとしましたよね♪
それにしてもどんわんの冷たいオトコの演技、話し方とか本当に冷たくて、泣きたくなってしまいました。
ヒドイ男だよー!!(笑)
実は私、これと同じ経験あるんですよ。付き合ってる彼氏が最近冷たいなあーと思ってたら、友達から彼氏が他の女と一緒にいるところを見たよって聞いて・・・・。このラジオドラマみたいなハッピーエンドにはならなかったですけど( ̄□ ̄;)!
だから、このどんわんの演技聞いてると、当時の事思い出して本当に悲しくなっちゃった( ̄▽ ̄;)

ま、私の話はどうでもよくて。
この番組、ぼらだったんですよ。ぼらだとどんわんがニコニコしながら話してる様子が見れて、とってもかわいい。
でも、ラジオドラマに関しては声だけ聞いてるほうがいいと思いました。
だってどんわん、シリアスな演技中でもニヤニヤ笑ってたりするんだもん( ̄▽ ̄;)
Maybeeちゃんが結構熱演してたでしょ?
どんわんはそれがツボにハマったのか、笑いを堪えるのに必死な様子でした。なんて失礼な人(ーー;)
せっかくシリアスな空気になってるのに、どんわんがくくくっと笑ってるのを見てるとドラマに没頭できなかったので、私は今回はぼら却下しました(爆)
でも、どんわんは確かにかわいかったので、ぼら見てみる価値もないとは言えませんが(何様)
気になった方は、各ファンサイトさま等チェックしてみてください^^。


さて、どんわんぺんみ関係で沈んでた私ですが、そのことはもう吹っ切りました。
行けないものは行けないし、私は私の身の丈にあった応援をしていこうと思います。
私の目標及び理想は「マイペースを貫く事」ですからね♪

どんわんのことはもういいんですが(変な言い方だなゞ( ̄∇ ̄;))、
どんわんとか関係なく、私生活でちょっと凹む出来事があり、
何でもいいから無性に癒されたいんですけど、何かイイモノありますかね?( ̄▽ ̄;)

とりあえず、秋夕わんしょんでも見とくか(笑)








コメント

  1. まみまみ | URL | -

    こんにちわ・・コメはほんとしばらくぶり~です。
    ジワジワと北海道も寒くなってきてます~v-400 りょうさんの身の丈にあった応援~って言葉になんだか  癒されましたよ~
    なんだか皆さんほんと どこへでも 応援しにいかれれるようで・・(すべての人ではないですが・・) 
    うらやましくも、行けない自分に・・・・でも人それぞれ
    環境も違えば 色々ありますよね~
    とりあえず、今の私は 埼玉のコンサに(一日だけですが)
    いけたら  (チケットあたって~v-421)いいなあ~と! ペンの方皆に 当たるといいですね~

  2. りょう | URL | nmxoCd6A

    まみまみさん>>
    北海道は大阪なんか比べものにならないほど寒くなってきてるでしょう~。
    想像しただけで寒いです(笑)

    自分は自分なので、自分ができる範囲で応援できたらいいなあ~と思います。
    今はとりあえず、しなコンのチケットが当たる事を祈りましょう~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/728-bf3a00f0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。