--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“SHINHWA MUST GO ON” 10th Anniversary live in seoul レポpart3

2008年04月12日 23:02

まずは訂正から。

某へそんぺんから指摘がありました。
キドの後の「子供は何人欲しい?」ってmentのところ、へそんは「できるだけたくさん。」ではなく
「力尽きるまで」って言ったそうです。
きゃーっ!なんて男らしいの!へそんさん!!(≧∇≦)
そりゃーみぬもえりっくの心配しちゃうわ(爆)


ではレポの続きを。
늘 내가 원하는 것은からですね。

しな1集からの曲。友達はみんな1集は数回しか聴いてないって言うんだけど、私は結構好きなんですよね、1集。
活動曲ではないけど、この曲も好きでした。
えんでぃが歌い始めた時の歓声が凄かったですよね~。

この曲からの衣装がかわいかったです。すっごい好きだな、ああいう感じ。
ベストとかサスペンダー、ネクタイ、チェック柄ってアイテムが、なんとなく外国のお金持ちの男の子が着ていそうなイメージ。
「いまを生きる」って映画を思い出したんですよー。
名門の全寮制男子校!・・・やべえ、脳内妄想劇場始まっちゃう(爆)

M社長のオフィスにありそうな、おされっぽいけど座りにくそうなイスに座って歌った、
아직 못 다한 이야기
へそんが、座り位置がしっくりこなくてじたばたしてたらしいです(笑)

当日は歌詞の意味をじっくり考えるほど余裕がなかったんですが、それはそれでよかったと思った。
あの歌詞の意味を100%理解して聴いてたとしたら、私どうかしてたかもしれん;;
伴奏がシンプルなだけに、歌うのは難しい曲だと思ったんですけど、デビューから10年経って
こんな曲もちゃんと歌いこなせるようになったんだなあ~と、そんな呑気な事ばっかり思ってました;;

それと、この曲の時に後ろのスクリーンで、たぶん9集レコーディングやコンサ練習をしてるメンバーの様子が流れてたんですよね。
そっちも見たいけど、でも生のメンバー見るほうが大事だし・・・と、どこ見たらいいのか困りました;;


I pray 4 U
みぬの語りが死ぬほど泣けましたー(>_<)。。。。。

『変わらない事がどんな事か、僕達が見せてあげます。』
コレにはシビれましたね。
みぬも途中で泣けて喋れなくなって・・・
『会いたくなったらどうしよう?
 みなさんが待ってくれたら、僕達神話は必ず戻ってきます。
 ・・・僕、もともとメンバーの中で1番涙もろいんですよ。でも、悲しくて泣いてるんじゃなくて、
 みんなの愛がよくわかるから、涙が出てしまうんです。』

メンバーと出会えてよかった、5人がいなかったらここまでこれなかった、最後までずっと一緒にいたい、そんなような事も言ってたような。もう、私も嗚咽をもらして泣くっていうんですか?ひっくひっくいうほど泣いちゃってたんで、しっかり覚えてないんですが。
そんなみぬを、他のメンバーはどんな想いで見守ってたんだろう?
曲が始まると笑顔のメンバーにまたさらに泣けてきました。

私、しなにハマったきっかけが「I pray 4U」だったんですよ。
初めてこの曲のLive映像を見たとき、韓国語もまだ全くわからない頃で歌詞の意味なんて全然わからないのに、
自分でもわけわからないけど涙が出てきたんです。
5集活動当時の映像だったんで、変な柄シャツでゆるゆる踊ってる映像だったのに、そんな、感動とは全くかけ離れてるようなビジュアルだったにも関わらず泣いちゃったんです。
なんでこんなの見て泣いてるんだ自分って、当時は不思議でした。
でも、あの時泣いたのは必然だったんだって、今は自信を持って言えます。
初めてこの曲を聴いたときにどうして泣いてしまったのか、今はわかります。
私にとって、この曲はしなを好きにならせてくれた大切な曲です。


その後のmentで、みぬが照れ隠しなんだろうけど「さっきはあんな風に言ったけど、別にメンバーがいなくても生きていけないわけじゃないんですよ。」なんて言ったんですね。そしたらえりっくが「みぬはこんな風に言ってるけど、僕はメンバーがいなかったら生きていけません。」とニヤリとして。他のメンバーも「僕もみんながいないと生きていけないよー」なんて言ってみぬをイジめてました(笑)

あと、それとなくこれからの話になったんだと思うんですけど、たぶん入隊の事についてどんわんが「僕はもうあまり言うべき事はないんですよ。」っぽい事を言ったんです。それに反応したえりっくが、その後どんわんが何か喋ろうとするたびに「もう言うことはないんでしょ?」と、今度はどんわんをイジめてました。ホントえりっく大活躍でしたよね(笑)。
で、どんわんの口調を他のメンバーが面白がって「(今後の事については)僕も言うことはありません」ってふざけてマネして言っていったんです。順番的に最後がへそんだったんですけど、どうやってオチつけるのかなー?なんて思ってたら、へそんだけは真面目に「これからも頑張ります。」って言ったんですよ。
兵役についてはへそんは微妙な立場にいるじゃないですか。だから他の4人みたいにふざけられないのかなと思ったり。韓国男子としては、軍隊に行けないっていうのも辛いんだろうなあ・・・

みぬが、ファンへの感謝の気持ちを言ってて「みんなホントに愛してるよ。この気持ち、どうやって表現すればいいんだろう。」みたいな事言ったと思うんだけど、そしたら客席から「脱げー!」の声が(爆)
みぬも言ってたけど、なんでそうなるんだ(笑)
その声は当然へそんさんにも向けられ(笑)、へそんは「脱ぐって何を脱げって言うんだ」とかって素で反抗してました。その時どんわんは「へそんは普段あんまり脱がないからー(脱がなきゃ)」と煽ってました。
で、そこで張り切ったのがえりっくさん。へそんの服を脱がそうとしはじめた。へそんはもちろん抵抗して逃げる逃げる。追いかけるえりっく、へそんのシャツに手を伸ばし、ボタンをはずそうとする手付きがやけに生々しいんですってばっ!!(爆)
韓国のへそんサイトさんの写真見たら、なんとえりっくさんってばこの時へそんの手にぽっぽしてた・・・。やりすぎです、えりっくさん( ̄□ ̄;)
えんでぃもえりっくと一緒にへそんの服を脱がそうとして、へそんに回し蹴り喰らわされてました。あれ、実際に見るとすげー迫力あって怖いよ(笑)


Hey, Come On!
日本コンサと同じく、「せい!へい!かもーん!!」っていうみぬのリードで始まりました。あの掛け合い、ちょっと微妙だと思う私・・・(爆)
みぬのソロダンス、いつもにも増して気合入ってましたね~。ブレイクダンスまでしちゃってたし。
その後、へそんのパートでへそんの肩にメンバーが連なるところになっても、なぜかみぬはメインステージに戻らずに、花道でしゃがみこんでて。どうしたんだろー?って思ってたらどうやらソロダンスした時に足元に置いてあったマイクを蹴った?かなんかで客席にマイクが飛んでいっちゃったみたい。それをスタンディング席のファンがリレー形式にみぬの元まで無事返して、みぬは何事もなかったかのようにメンバーの元に戻っていったのでした。ああいう時に冷静に対処できるみぬはもちろん、それを助けた客席のファン達も素敵だなあ~って思いました。


Perfect Man
へそんがこの日2回目の回し蹴りをしたことくらいしか覚えてない・・・;;
もう頭はちゃめちゃ状態だったんだと思います、この辺になると(笑)

Hey, Come On!も、はっきり言ってみぬのハプニング部分の印象ばっかり強く残ってて、踊ってるところは思い出せないし、名門全寮制男子校風衣装(しつこい・笑)でばりばりダンスするお兄さん達を全く覚えてないのが悔しいです・・・。


ここから先は涙・涙のエンディングに向かっていくばっかりです。続きはまた別記事に。







コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/813-ba93a3f5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。