--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震える胸

2005年10月03日 20:37

どんわん出演回、終わっちゃいましたね。
さすがに、字幕なしで何回も見たんで昨日は泣きませんでしたが
字幕があるとやっぱり理解が深まって、それだけに余計切なかったです。

とりあえずキャプを。実は使いまわしです(^^ゞ(爆)

前半部
img20050411_2.jpg
あ、後半部分も混じってる・・・ま、いいや(笑)
初めはこれでもかってくらい爽やかな笑顔だったのに、話が進むにつれてだんだん笑顔がなくなってくるんですよね・・・。


後半部
img20050411_412.jpg
残業中の疲れた顔がとってもせくしぃーだったと、一部で大評判でした(笑)


字幕なしで見た時も、字幕ありで見た後も、感想は変わりませんでした。
何言ってるのか3割くらいしか理解してないのに、100%内容を理解して見た時と
思う事が同じってことは、言葉以上に伝わるものが大きいって事で。
それはやっぱり演技する側の力量に関ってくるんだろうなあ。
何言ってるのかわかって見てても、ちっとも伝わってくるものがない映画やドラマも
たくさんありますもんね。

予想以上に長く語っちゃったので、続きは追記にしまい込みます(笑)

ソンジェのキャラって、韓ドラのヒロインの相手役としては、珍しいくらい
心が狭くて小心者で気が小さい男でしたよね。
でも、ドラマに出てくるような、何があっても女の子を守ってくれる文句なしにカッコいい男の人って
現実離れしているのであって、ソンジェみたいな男は本当にその辺にいそうな
リアルなキャラクターですよね。
男なら誰もがソンジェのような一面は絶対に持ってるでしょうと、確信を持って言えます。
そんな普通の男の姿を、演技として表現するのって、きっと難しい事なんじゃないかな?
でも、どんわんはよく役を消化してましたよね。
何よりも、あの演技派のドゥナちゃんと対等に演じきったどんわんはスゴイ!

ドラマとしては、あの終わり方に納得できないと言う人も多いんだろうな。
私も最初は『ええ??』って感じでした。でも、色々と考えるにつれて、
『ドラマで描かれる恋物語ではなく、現実の恋ってこういうものだろうな』と
思うようになりました。
それをドラマにしちゃったところが、このドラマのスゴイ所なんじゃないかな。
何を求めてドラマを見るかは人それぞれだろうから、この終わり方は賛否両論あると思います。
普段生活してる中で、現実はもう嫌ってほど見てるんだから、せめてドラマを見る間は
ステキな夢みたいな物語に浸りたいって人からしたら、このドラマは納得いかないでしょうね。
私もドラマを見ながら、現実には絶対に起こりえないようなステキな出来事の数々に
うっとりすることもしばしばあるんで、せっかくうっとりしてるのに、急に現実を見せられたら幻滅しちゃうかもしれない気持ちはわかります。

初めて見た時には、『ドラマなのに、こんなにリアルでいいのか』って思いました。
『こんなドラマがあるのか??』って目からうろこがボロボロ落ちました。
でも、たまにはこんなドラマもいいんじゃないかな。
『ドラマ=作り話』の枠からはみ出すような冒険をしたドラマだと思います。

このドラマで初めてキム・ドンワンという人を知った人には、『ソンジェ=どんわん』ってイメージがついちゃうんだろうなー。

その人たちの為にも、是非『悲しみよあんにょん』字幕放送ヨロシクお願いします、KNさん(笑)
ひとつ気がかりなのは、もしKNで放送するとしたら、ドラマのタイトルが『悲しみよ、さらば』になっちゃいそうだって事です・・・ゞ( ̄∇ ̄;)


コメント

  1. sacico | URL | RJYchVrg

    初めまして!
    しょっちゅうお邪魔はしてたんですが、初めて書き込みます。sacicoと言いますー。
    今日2話目を見たんですが、ドラマを見てこんなに泣いたのは初めてってくらい号泣でした(涙)。
    どんわんとドゥナちゃんの演技が泣かせる泣かせる。
    見終わった後すぐにりょうさんの旧ブログの「震える胸」カテゴリを全部読んでたら、また涙がダーっと出てきました。
    リアルすぎるんだけど、でもさわやかな気持ちになれるいいドラマですよね。
    ↑のどんわんキャプを見てるだけでもまだ泣けてきます(笑)

  2. りょう | URL | nmxoCd6A

    sacikoさん>>
    初めまして~。コメントありがとうございます!(^ー^)ノ

    震える胸、私も初めて見た時は、1時間ずっと泣きっぱなしでした。
    旧ブログもご覧になっていただいたんですねー。
    ありがとうございます!!
    このドラマに関しては、当時語り尽くして燃え尽きた感じがあったのですが、
    字幕つきを見て、また語りたくなっちゃいました(笑)

    私も自分でとったキャプ見て、泣けて泣けてしょうがなかったんですよ(^^ゞ(笑)
    なかなか普通には受け入れられにくいドラマだと思いますが、
    こんな風に一緒に感動していただけて、とっても嬉しいです(*^_^*)

    よかったら、また遊びにいらして下さいね。
    よろしくお願いします♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/82-fefac674
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。