--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女逆転・・・

2009年09月10日 23:59

突然ですが、「大奥」って漫画知ってますか?

これ、すっごく面白くてかなりハマってるんですよ。

内容としては、帯にも書いてあるように「男女逆転大奥」です。
三代将軍家光の御世、若い男子ばかりが罹る疫病が大流行し、
男性人口が女性人口の4分の1になってしまい、男女の立場が逆転した世の中へと
変化せざるをえない状況になってしまった江戸時代。
将軍家も例外ではなく、大奥は美男子三千人が女性将軍に仕える女人禁制の場所になっていた。


私、元々徳川家に物凄く興味がありまして、徳川将軍家に関わる本とか
結構読んでるんです。
で、この「男女逆転大奥」ってコピーに惹かれて読み始めたんですけど、
これがかなり面白い!
大体、ひとりの女性の為にイケメン3千人が侍る、なんて
夢みたいな話じゃないですか?(笑)
ありえない話なんだけど、なぜそうなってしまったかという設定もしっかりしているし、
実際の歴史上の出来事や人物に沿って作られてるのが凄いんですよ。
実写化したら面白いだろうなあ・・・って思ってたら、
来年辺りに本当に実写映画化されるそうです。
キャスティングにかなり興味ありますわ。

ま、既に私の頭の中では、しなめんで勝手に妄想キャスティング済みなんですけどね(爆)


超マニアックな内容なんで、本当に興味のある方のみ続きをどうぞ;;





第1巻は八代将軍吉宗の時代から始まってます。
そこから、吉宗が今の(男女逆転)大奥が出来上がった過程を調べていく・・・
という設定で、三代将軍家光の時代にさかのぼっていきます。

詳しい人物関係なんかはこの辺で・・・・→ココ

幼馴染との身分違いの恋から身を引く為に大奥に奉公することを決意し、
吉宗に見初められて「御内証の方」になる1巻の主人公・水野祐乃進は、絶対にどんわんで!
これだけは譲れません(笑)
ていうか私、読むときは常に頭の中でどんわんに置き換えて読んでました(爆)

で、大奥に10年も仕えているにも関わらず、身分のせいでずっと「お目見え以下」止まりの
水野の先輩・杉下へそんで。
水野が最初に大奥で心を開く相手なので、自動的にここはへそんさんにお願いします(笑)

エリートである御中籠で、吉宗の側室の座を狙っている野心家の柏木えんでぃで。
ぶらっくえんでぃに登場してもらいたいんです(笑)


2巻からは家光編になるんですが、
家光の最愛の恋人万里小路有功(までのこうじありこと(側室・お万の方))は、
誰がなんと言おうとえりっくで。
有功と千恵(家光)の物語がめっちゃ切なくていいんですよ~。

有功に付いて大奥にあがることになった玉栄みぬ
玉栄は、のちの家光の側室「お玉の方」です。五代将軍綱吉の父親になる人です。
みぬのイメージにぴったりなんですよね~。

じには、有功と千恵の間に世継ぎができなくて焦った春日局が、
町から大奥につれてきた捨蔵
四代将軍家綱の父親になる、側室「お楽の方」です。


こうやって脳内で勝手にしなめんに変換しながら漫画読んでると超楽しい(爆)
ちなみに今現在連載中の大奥は五代将軍綱吉の時代に入ってるんですけど、
ここでメインで登場する「右衛門佐」をえんでぃがやれば面白そう・・・とか思いながら読んでます。

最新刊が今月末に出るらしいので、めっちゃ楽しみ~。
どんわんっぽい新たな登場人物、出てこないかなあ~(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/919-ed7c9052
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。