--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空気人形

2009年10月11日 15:39

先日、久しぶりに映画を見てきました。

ペ・ドゥナちゃん主演の「空気人形」を。

333252_001.jpg
韓国映画ではなく、れっきとした日本映画ですよ。
「誰も知らない」の是枝裕和監督最新作品です。
詳しくは公式サイト→映画「空気人形」公式サイト

簡単に言うと、心を持ってしまった「空気人形」の恋のお話です。
映画のポスターのドゥナちゃんは超かわいいし、心を持った人形の恋の話だなんて、
なんだかちょっとファンタジーだし・・・・と、おしゃれなカフェにでも行くような気持ちで
映画を見に行った私。大間違いでした・・・。
心にずしーんと響く、凄く切ない映画でした。

完全にネタバレはしないけど、感想は追記にしまいます。
この映画は何よりも、ペ・ドゥナがいてこその映画だと思いました。
ペ・ドゥナが全てだと言ってもいいと思います。
それくらい、ドゥナちゃんの演技力、存在感は凄いです。
本来持ってはいけない「心」を持って「しまった」空気人形ノゾミを完璧に演じてます。

心を持ったばかりの空気人形は、肌もつやつやで凄くかわいいんです。まさに「お人形さん」。
空気人形にとって、目にする全ての物が新鮮で、瞳もキラキラ輝いています。
それが、心を持ったが故に恋をして、嘘をつき、嫌な感情も切ない感情も知り、
最初、あれほどかわいかった空気人形が、だんだんとかわいくなくなっていきます。
心を持つというのは、キレイで真っ白なだけではいられない、汚れを知っていく事なんだと思いました。
その変化を、ドゥナちゃんは完璧に演じていました。

この映画の名場面は、ちょっとしたアクシデントで(ビニール製の)皮膚を破ってしまい、どんどん空気が抜けてしまったノゾミに、純一(ARATA)がお腹の空気栓から自分の息を吹き込むシーンです。
空気人形が初めて感じる、「満たされた」幸福感を、ドゥナちゃんが見事に演じていて、
そのドゥナちゃんの表情が、とてもセクシーなんです。
このシーンの高揚感は、他のどんなラブシーンよりもエロかった。
純一が息を吹き込む音と、ノゾミの表情にドキドキしてしまいました。

空気人形が出会う人間達はみんな、中身がからっぽの空気である人形と同じように
心に空虚感を感じている人たちばかりです。

『自分は、からっぽな誰かの代用品。』
『自分のかわりなんていくらでもいる。』

映画の中で何度も出てくる言葉です。
映画に出てくる人たちが、常に抱えている想いです。
純一もその中のひとりで、ノゾミは出会った瞬間から、純一の空虚感を感じて彼に惹かれていきます。
純一の息で満たされて幸せを初めて感じるノゾミと、自分によってノゾミを満たし生かせることができる喜びを知った純一。

自分が誰かにとって必要な存在であることの尊さをしみじみと感じる映画でした。

ノゾミの持ち主を演じた板尾創路の演技もよかったです。
もしかしたら、ノゾミが心を持ったのは、板尾演じる秀雄がノゾミを一生懸命愛して大切にしてくれたからじゃないかなあ・・・とさえ思いましたもん。


正直、キレイなだけの映画ではありません。
「空気人形」って何かというと、ダッ○ワ○フのことです。
だから、当然そういうシーンも何度も出てくるし、描写がリアルでドン引きする場面も多いです。
目を背けたくなるシーンもあります。
それでも、見てよかったって思える映画でした。
ただし、「ひとりで見に行ってよかった~」とも思いましたけど(苦笑)
もしこれから見に行く予定のある方は、絶対にひとり、または同姓同士で見ることをオススメします。
間違ってもデートでは見に行っちゃいけないと思いますよ;;;

ドゥナちゃんの演技は一見の価値ありです。
この演技は、絶対に見て損はありません。

元々、女優さんの中でドゥナちゃんが1番好きなんですけど、この映画を見てますます彼女のファンになりました。
私にとってドゥナちゃんは信頼できる女優さんです。
彼女の演技はいつも間違いないし、彼女が出る作品は面白いだろうと無条件で思わせてくれる女優さんです。


そうそう、私はシネマート心斎橋でこの映画を見たんですけど、この映画館は映画に対する愛情が感じられる映画館です。
今回も、空気人形コーナーが作られていました。パネルもキレイにディスプレイされてたし。
091007_1431141.jpg
091007_1156541.jpg

映画館入り口には、是枝監督(たぶん)のサイン入りのポスターもありましたよ。
091007_1432521.jpg


ここでは毎年、韓流シネマフェスティバルを上映してるんですよね。
「回し蹴り」が上映されたのが3年前か・・・→懐かしい
その時もパネルがキレイにディスプレイされてたなあ、そういえば。

空気人形とともに、シネマート心斎橋もオススメします!


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. りょう | URL | -

    Re: タイトルなし

    鍵コメIさん>>
    ドゥナちゃんってホントに魅力的な女優さんですよねー。
    私もどんわんの相手役の中で彼女が1番お似合いだと思います。
    歳も同じだし。
    ま、私の場合、単純にドゥナちゃんが好きってのもあるんですけど(笑)

    「空気人形」是非是非見てきてくださーい。
    結構キツイ場面も多いんで、心の準備してから見た方がいいかもしれませんけど・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/932-64fd74c1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。