--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37話

2005年10月18日 23:04

つべこべ言わずに始めます(笑)

破産したソヨンあぼじとヘソンを会わせたら、ソヨンあぼじがヘソンに見覚えがある・・・ってところで先週は終わったんですね。

ヘソンは、ソヨンあぼじを知ってるんだけど、知らない振りをしているようです。
20051018205659.jpg
ジョンウも二人の様子がおかしいと気になったのかな。


ソヨンあぼじを助ける事ができるか?と聞くジョンウに、ヘソンは自分にできる事はないようだと答えました。
20051018205721.jpg
ソヨンあぼじの元に残ったのはソヨンのカフェだけになっちゃったようで、それでヘソンができる事はそんなにないとの結論になったのかな。ソヨンのカフェを見守るって感じになるのかも??ちょっとよくわかりませんでした。

ジョンウが帰った後。
20051018205730.jpg
どうも、ヘソンは若い頃水商売のような事をやっていたのかな。もしかしたらソヨンあぼじはその時の顔見知りなのかもしれません。『水商売をしていたような女が母親だなんて、知らないほうがジョンウにとってはいい』みたいな事を言ってたような。


ソヨンを訪ねるジョンウ。『全ての事には必ずいい事があるよ。だから絶対気弱にならないで。ファイティン!』とソヨンを励ます。最近はククスに構いっきりだったジョンウが自分を気にしてくれるので、『いいこともあるのね』なんてソヨンは言ってました。
20051018205751.jpg



ジョンウが工場に帰ると、ヨジンが、ネットでククスの注文が入りそうだと言います。しゃぶしゃぶ屋さんで、ジョンウたちのククスを使ってみたいという店があったそうで。
20051018205807.jpg
『ソヨンさんは大変なのに僕だけいい事があって申し訳ないな・・・』と言うジョンウ。


その夜。
眠れないソヨンの為に『済州島の青い夜』を歌ってあげるジョンウ。
20051018205823.jpg
だからー、顔に粉・・・(しつこいっ( ̄◇ ̄;))(笑)


しゃぶしゃぶ店でプレゼンテーションをするジョンウ。
20051018205843.jpg
反応は上々です。


無事に注文を受ける事になりました。
20051018205902.jpg
毎日コンスタントに量を裁ける食堂と契約できたのは、とってもイイ事ですね(^O^)


自宅を追い出されたショックで寝込んでいるソヨンおんまを見舞うジョンウ。
20051018205917.jpg
どうにか励まそうとするジョンウに、ソヨンおんまは『君はソヨンを知らないの。ソヨンは今まで苦労した事がないのよ』とソヨンの心配をする。ジョンウは『ソヨンさんには欲心がないですよ。欲深い子なら、僕は好きになりませんでした。ソヨンさんを心のキレイな子に育てたのはお母さんじゃないですか。』と。

ソヨンあぼじが帰ってきて、旅館からアパートに移る事に。
20051018205933.jpg
今まで住んでいた豪邸とは比べ物にならない部屋に、ソヨンおんまは我慢できない様子。
そんなおんまをどうする事もできずに呆然と見守るしかないジョンウとソヨンあぼじ。


妊娠したミンジュと結婚すると言うドジンの話を聞き、ミンジュに会いにカフェにやってきたドジンおんまが、偶然へソンと顔を会わせるところでこの回は終わりました。


さて。最後にやっぱりコレをアップしとかないとね。







再生クリックしてくださいね♪

はあ。素敵だ・・・。
とてもじゃないけど、ククス工場の兄ちゃんが歌ってるようには聞こえません(笑)
少し前に、リメイクアルバムでこの曲をソン・シギョンくんが歌ってましたね。

あ、これ携帯に入れようかなー。で、少しでもソヨン気分を味わうと。
<自分がイタすぎる・・・( ̄□ ̄;)!!








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ryodong.blog17.fc2.com/tb.php/97-f38fec0a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。